イベント情報Event Information

土屋グループ 銀座ショールーム

[銀座] GINZA 月読みの茶会<予約制>

[銀座] GINZA 月読みの茶会

遠い昔から月を愛でてきた日本には、「朔望(さくぼう)」という月の満ち欠けを表す言葉があります。
平野蘭の写真展タイトル「月暦(つきごよみ)」は、この「朔望」を指すもう一つの言葉です。
この日本人が愛してきた日々姿を変える月の姿を、身体で感じる機会をアート・イベントにしたもの。
それが関連イベント「GINZA 月読みの茶会」です。
月姿の美しい変化をお茶で表現し、月とお茶を結んでくださる亭主は、オーガニック生産で有名な八女市の「お茶の千代乃園」の園主であり、皇風煎茶禮式師範でもある原島政司さん。
「お茶の千代乃園」は、福岡県八女市で日本でも希少なオーガニック生産のお茶に取り組み、数々の受賞歴を誇る日本有数の「銘茶の茶園」。
園主の原島政司さんは、手掛けるお茶に「身体に沁みる茶」という願いを持ち、さらに日本の茶文化を世界に広げる活動を行う茶人でもあります。
その原島さんが、この茶会の亭主としてご自身の茶園の豊かな八女茶から、「満月」「三日月」などの姿の風情を表す3種類の茶葉を選び、本格的なお煎茶席でおもてなしします。
そこで振る舞われるお茶で、お客様の心に「お月様のイメージを描く」というのが「GINZA 月読みの茶会」のコンセプトです。
それぞれのお茶が出されるたびに、立ち現れる「色」、「香り」、「味わい」、「口当たり」を楽しんでいただき、そのお茶が描く月の姿の想像に遊んでいただく豊かな茶の空間となるでしょう。
そして、お客様それぞれの心に浮かぶ美しい月の姿を互いに語り合い、その気持ちを慈しむ茶のひととき。一杯の茶と月への思いのつながる交流があったとき、その茶事が「月読みの茶会」となるのです。
しかも、お土産に「もう一つの月」を楽しめる「お茶の千代乃園」オリジナルのオーガニック煎茶を別にお持ち帰りいただけるという贅沢な趣向です。

イベントによっては混み合う時間帯がございますのでご予約をおすすめいたします。
また、イベントについてのご質問もお気軽にお問合せください。

その他のイベントを見る イベントの予約はこちら

◆オープニング・イベント
原島政司さんの「五感をひらく八女茶BAR」(無料)
10月6日土曜日14:00-16:00
平野蘭「月暦」のオープニング・イベントとして、原島政司さんが「お茶の千代乃園」からセレクトした八女茶をお客様の好みで淹れる「八女茶BAR」を一日だけ開店します。
茶のエネルギーで感性をひらく特別な一杯をご提供する、バー形式のパーティー・イベントです。

★プロフィール
原島 政司(はらしま まさし)
福岡県八女市「お茶の千代乃園」園主。
日本茶インストラクター。皇風煎茶禮式師範。
日本でも希少なオーガニックのお茶生産と茶文化の普及に取り組む。
園主の願いとして美味しさとともに「身体に沁みていく茶」という、人とお茶との和合をコンセプトに茶の木と向き合い続けている。
茶園としての受賞歴、多数。
「お茶の千代乃園」HP:http://chiyonoen.jp/

アクセス方法

受付時間9:00~18:00(水曜日定休)

イベント・セミナー予約

お電話での
ご予約お問合せ
フリーダイヤル0120-093-033受付時間9:00~18:00
土屋グループ 銀座ショールーム

GINZA 月読みの茶会<予約制>

10月7日(日) 15時~16時(受付開始14:30)

お名前 必須 例 : 山田 太郎

メールアドレス 必須 例:sample@hometopia.jp
備考 任意 例:「家族4人で参加します」「イベント中に相談する時間はありますか?」「13時頃に行きます」

TOP