築44年のマンションの再生と普及効果Renovation Gallery

関連キーワード

Data

家族構成:
ご夫婦
築年数:
44年
構造:
RC造
工事面積:
71㎡
施工期間:
60日
工事費:
1,200万円

施主様のご感想

  • とても築44年の住まいとは思えないほど快適

リフォームのきっかけ

  • 緑豊かな公園に面したマンションという立地条件をもっと生かしたい
  • 夫婦2人でゆとりある暮らしの実現

プランナーからのコメント

菅井弘和

神戸支店 プランナー
菅井弘和
(すがい ひろかず)

プロフィールはこちら

  • 公園に面した好立地を最大限に生かす生活スタイルを提案しました。具体的には、LDKと洋室を隔てていた壁を取り払って可動式の仕切りに変更。洋室は多目的に使える書斎と畳スペースに刷新しており、仕切りを開けると、2つの開口部の向こうに公園の緑が広がるゆとりの空間が現れます。LDKの中で露出していたRC梁や暖房用縦管は下がり壁などに取り込むなどデザインの工夫を施して圧迫感も解消しました。このほか給排水管をすべて入れ替え、さらに内側から吹き付け断熱材と複層ガラス窓を施しており、住宅性能も大幅に向上しています。

リフォームした部位Reformed parts

  • 洗面・トイレ
    部位:
    洗面・トイレ

    トイレなどの住宅機器が老朽化したため、これらの設備をすべて交換しました。また、床や壁、天井の内側に発泡ウレタンを吹き付けた他、複層ガラス窓を探用して断熟性能を向上させ、さらに防音配管カバーや気密パッキンを施して上下階への防音対策も実施しました。

  • 洗面室
    部位:
    洗面室

    洗面室からキッチンを望む

  • 寝室
    部位:
    寝室
  • 廊下
    部位:
    廊下

    あえて低い位置に取り付けた天井ルーバーとダウンライトにより視覚的な高さを演出した廊下。また、収納スペースを拡張したほか、照明には省工ネ・長寿命のLEDを採用しました。

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング

    洋室は落ち着いた雰囲気の書斎と畳スペースに一新。さらにLDKと洋室を隔てていた壁を可動式の仕切りに変更しており、これを開けると対面式のキッチンからでも豊かな緑を眺めることができる広いLDKが現れます。

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング

    既存では2部屋だった空間を可動間仕切りによりフレキシブルに仕切ることが出来るLDKに一新した。間接照明を備えた下がり天井を設置することで、LDKと書斎、そして畳スペースという空間に繋がりをもたせている。

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング

    可動間仕切り扉1枚閉める

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング

    可動間仕切り扉2枚閉める

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング

    可動間仕切り扉全て閉める

  • ダイニング
    部位:
    ダイニング
  • リビング
    部位:
    リビング

    リビングよりキッチンを眺める

  • キッチン
    部位:
    キッチン

    近隣の豊かな緑を眺めながら調理を楽しめる対面式のキッチン。既存のRC梁は、間接照明入りの下がり壁に取り込むことでデザインの一部とし、圧追感を見事に解消しました。

  • キッチン
    部位:
    キッチン
  • RC梁を隠す工夫
    部位:
    RC梁を隠す工夫

    露出していたRC梁を間接照明入りの下がり壁に取り込むことでデザインの一部とし、圧追感を解消。

  • 暖房用縦管を隠す
    部位:
    暖房用縦管を隠す

    R壁と間接照明で暖房用の縦管を目立たせない。

  • LDK
    部位:
    LDK

    LDKの壁には、室内の湿度が高くなると微細な孔が温気を吸収し、湿度が低くなると湿気を放出して室内に潤いを与える高品質の内装壁材、エコカラットを貼り付けた。 また、 既存の暖房機の上にはテレビ台として使えるカウンターを造作しました。

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング
  • リビング
    部位:
    リビング

    LDKの一角には、縦格子とアールの腰壁でほどよく 囲まれたスペースを設置した。 この場所は、書斎をはじめとする多目的な空間として活用される。

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング

    閉塞感のあった仕切り壁を可動間仕切りに変更することで、バルコニーに面した日当たりよい生活空間を確保しました。普段はオープンにして夫婦仲良く開放的に使い、用途に応じて扉を閉めて使用している。「お客様がみえた時は、ここに泊まれるよう、個室にすることができるんです。 こうした提案もうれしかったですね。」と施主様

  • キッチン
    部位:
    キッチン
  • キッチン
    部位:
    キッチン
  • キッチン
    部位:
    キッチン
  • 浴室
    部位:
    浴室

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP