抜けない柱を利用したセミオープンキッチンRenovation Gallery

関連キーワード

Data

家族構成:
ご夫婦
築年数:
28年
構造:
鉄筋コンクリート(RC造)
工事面積:
30㎡
工事費:
350万円

施主様のご感想

  • 新築からリフォームを選択した事で内装やキッチンなど希望のグレードを採用できた。
  • キッチンは収納が思った以上にとれて嬉しい。
  • 好きな絵画や年々増える家族写真を飾る場所ができ、リフォームした事でゆとりある住まいが実現できた。

リフォームのきっかけ

  • 共働きのご夫婦は退職前に築28年で住み替えを検討。
  • 市内の物件を見学すると新築では床面積が狭くなってしまうのでリフォームに変更。
  • 手狭さを感じ日用品や絵画などの収納を苦慮。
  • 既存物件の広さと環境の良さを見直し全面リフォームを決断。

プランナーからのコメント

根塚恵己子

本店・札幌マンションリフォーム支店 プランナー
根塚恵己子

プロフィールはこちら

  • 住まいの一番の不満は暗く閉鎖的なキッチンと収納不足だった。
  • キッチンは対面が希望だったが中央に構造柱があり、位置は変えず間仕切りを撤去し自然光を取り込んだ。
  • 食器棚は圧迫感を軽減する腰高を採用。
  • パントリーを隣接し効率的な動線にした。

リフォームした部位Reformed parts

  • リビング・ダイニング
    部位:
    リビング・ダイニング
  • ダイニング
    部位:
    ダイニング

    構造柱を石材で装飾。絵画や家族の写真を飾る空間に

  • リビング
    部位:
    リビング

    キッチンの天井に合わせ曲線に

  • ダイニング
    部位:
    ダイニング

    キッチンは配置を変えず間仕切りを撤去し自然光を取り入れた

  • リビング
    部位:
    リビング
  • キッチン
    部位:
    キッチン

    腰高のカウンターを設置し家電台と食器棚を兼用

  • キッチン
    部位:
    キッチン

    キッチン廻りのものはパントリーへ

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP