リフォームのご相談・お問合せ 0120-406-128 資料請求・お問合せ

まず、お住まいの診断から始めましょう。

地震大国とも呼ばれている日本。これまで大地震の度に改正されてきた「建築基準法」。お住まいが建てられた時期によって建物の強度も異なります。まず始めに、お住まいの耐震診断をお勧めいたします。

建物(耐震)診断の予約を申し込む(無料)

体の調子がすぐれないといって、いきなり治療するお医者さんはいません。まずは問診と検査で原因を確認。住まいも同じです。現状を正しく把握し、問題解決の方法を見つけることが大切です。そこでまず始めに建物診断と耐震診断。リフォームの基準は築年数と併せて建物の強さや傷み具合も重要。同じ築年数でも新築時の性能やメンテナンス、地盤などで建物の状態が違うからです。在来工法以外の構造でも大丈夫。一期一家は木質パネル、2×4、鉄筋コンクリート、ブロック住宅など様々な工法にも対応します。検査は調査員の目視と検査機器による測定で、家の一部を壊す必要はありません。基礎部のコンクリート強度や筋かいの有無など見えない部分も壊さずに調査。残念ながらリフォームが難しい場合は、新築をお勧めする場合もあります。

建物診断(耐震診断)について

周囲状況の調査

診断する建物の周辺状況を調査員が直接確認します。周辺の河川やがけ、電柱の傾き地盤状況を目視で確認します。

基礎の調査

シュミットハンマー

基礎コンクリートの強度を調べます。コンクリートに打撃を加え、返ってきた反射の強さで強度を測定します。

鉄筋センサー

有筋コンクリートか、無筋のコンクリートかを確認します。

建物の形・壁、筋交いの配置・壁のバランスを調査

目視による検査、図面との相違点のチェック、計算式により必要量・規定値に合致しているかを確認します。

屋根裏を調査

雨漏れや、すが漏れによる腐食や小屋裏の換気状況、屋根構造材の接合状況を目視にて確認します。

床下を調査

床下にもぐり、基礎の強度やひび割れ、木材の状態シロアリの有無等を目視と打撃により確認します。

診断結果をご報告

耐震診断報告書にまとめご説明いたします。

耐震診断いろんな質問

  • どんなことがわかりますか?
  • 建てた当時と現在では、建築基準法が変わっている場合があります。今の基準法に合った強度が保たれているのか、またどこを改良すると良いのか等、適切な住まいの診断が得られます。
  • どれくらいの時間がかかりますか?
  • 築年数や現状により異なりますが、短ければ15分程度、長くても1時間程で診断できます。
  • どんな調査をするのですか?準備しておくものはありますか?
  • 簡易診断は図面より耐震計算します。精密耐震診断は、現状調査と図面によるバランス検討をし、状況によっては精密な測定を再度行います。簡易・精密どちらの診断も図面をご用意ください。紛失された場合は事前にお知らせください。

建物(耐震)診断の予約を申し込む(無料)