toggle
函館支店
2019-01-13

函館のリフォームで間取りに困ったら その1

函館に在籍し、はや5年、入社してから約300件の間取り相談を受けている、設計の阿部です。
数回にかけて、多くのリフォームの経験からリフォームの間取りのポイントをお話ししていきたいと思います。
今回は、まず初めに、間取りで一番大切だと、私が思っていることをお話ししたいと思います。

目次

  1. どのような暮らしがしたいか?
  2. 家族構成は?

1.どのような暮らしがしたいか?

間取りで一番大切なことは、今後、『 どのような暮らしがしたいか 』だと思います。
よくあるお客様のご要望で、
・リビングを広くしたい。
・対面キッチンにしたい。
など、各部分ごとのお話をよく聞くことがあります。
ですがそれだけではよい間取りにはならず、例えば、
例1)なぜ、リビングを広くしたいのか?
お孫さんが遊びに来るから。
友人を呼びホームパーティーをしたいから。

例2)なぜ、対面キッチンにしたいのか?
子供が生まれキッチンに立ちながら子供の様子を見たいから。
ご主人の定年退職を機に夫婦でキッチンに立ちたいから。

この『なぜ』を聞くことで、漠然としていたご要望が明確になり、プランナーとしてもお客様の気付かないご提案が可能になるかと思います。

2.家族構成は?

次に家族構成ですが、暮らし方に大きくかかわる部分になるかと思います。
例えば…。
例1)ご夫婦、娘、息子の四人暮らし、出勤、通学前の洗面所の混雑が悩み。
   洗面カウンターにし並んで洗面台が使えるように。

例2)ご夫婦二人暮らし、奥様の趣味はピアノ、ピアノを弾けるスペースを。
   一般的には趣味室を設けるのですが、ご主人様も奥様のピアノが聞きたいということで、リビングにピアノのスペースを増築。

このように住む方の人数や年齢、仕事や時間帯、あと、どのような趣味を持っているかにもよって、設備の位置や使い方、問題点が変わってくるかと思います。

1.2のポイントを打ち合わせし、『どのような暮らしがしたいか』を具体的に図面に反映させることが、良い間取りを作る上で大切になっていきます。
間取りやプラン図の前に、『どのような暮らしがしたいか』、そして、ご要望のままの図面を描くプランナーではなく、『どのような暮らしがしたいか』を本当に相談できるプランナーを選ぶことが間取りづくりを成功のカギだと思います。
あと、実際に、ご予算にも上限があり、すべてのご要望が叶えられない場合があるかと思います。
このような場合、お客様の真のご要望に気付き、優先順位をつけ、ご提案と意見調整をすることがプランナーとしての大きな役割だと思っております。

※最後に
お住まいのリフォームをお考え始めや、どう進めてよいかお悩みもあるかと思います。
まずは、お気軽に私どもにお声かけてください。

次回は、リフォームで間取りに困ったら リビング編 と題しまして、よくあるご質問からリビングの間取り改築の問題点を解決していきた事例を紹介したいと思います。

それでは、次回をお楽しみに!

土屋ホームトピア函館支店土屋ホームトピア函館支店土屋ホームトピア函館支店
〒041-0802
函館市石川町52番28号 シティ青山
0138-47-2220


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪