toggle
神戸リノベーション支店
2018-05-11

二世帯リフォーム~ 完全分離型 or 共有型 ~

こんにちは。
神戸支店の今野です。

今回は二世帯リフォームについてです。
私も両親が共働きだった事もあってか産まれた時から二世帯住宅で育ちました。
二世帯で暮らす事の良い点も悪い点もあると思います。
そこで私の考える二世帯リフォームのポイントをお伝え出来たらと思います。

1.完全分離型か共有型か

これは永遠のテーマです。
完全分離の良い所もあれば共有型の良い所もあります。
その反面も、もちろんあります。
この点に関してはご家族のご意見が一番重要といつも考えています。
ちなみに私の実家は完全共有型でした。
私は産まれた時からこのスタイルでしたので完全なるばーちゃん子で育ちました。
ありがとう、ばーちゃん。

2.リフォーム会社から見る二世帯リフォーム

既存のお住まいが一世帯の場合に完全分離を計画すると、共有型に比べて圧倒的に面積を必要とします。
面積が必要=コストが掛かる事が多いです。
水回り機器も2セット、玄関も2個、階段も2個ですので、この点はどうしても必要コストとなります。
共有型の場合は生活リズムの問題(音の問題)が出てきます。
特に親世帯の寝室と水回りをどこにするかがポイントです。
夜遅くの入浴タイム、隣が親世帯の寝室・・・。
家族と言えど気を使いますね。

3.忘れてはいけないインフラ

また、忘れがちではありますが「 水道・電気・ガス 」 などのインフラをどうするかも検討が必要です。
既存のお住まいが二世帯でない限りメーターは各1個の事がほとんど。
そこから見えない壁内などを使って配管されておりますので、これを分けるのは、なかなかに至難の業です。
水道を分ける際に道路の掘削が必要になる事もあります。
子メーターを新たに設けるといった方法もありますが、請求は1つしか来ませんので、家族内での確認が必要になります。

4.お得に二世帯リフォームをするには

二世帯リフォームというだけで費用が掛かりそうと言ったお声を耳にします。
確かに二世帯分の工事をすべて行えば、費用も単世帯×2です。
しかし、活かせるモノを活かすのもリフォームのコツであり魅力です。
階段は今のモノを利用して、玄関ドアは1つにしようなど工夫すれば高額になりがちな二世帯リフォームをお安く行う事も出来ます。
さらに! さらに! 二世帯リフォームを行うと補助金額が増えるという長期優良住宅化リフォーム事業などもございます。
補助金を使うとお得にリフォームを行える可能性も! !
詳しくは神戸支店の今野までお問合せ下さい! !

二世帯住宅と一言で言っても、求める形はお客様それぞれ。
お客様の希望に合ったリフォームを一緒に進めていきますので、リフォームをお考えの際は是非、ご相談下さい。

神戸市・芦屋市・西宮市で二世帯住宅のリフォームをお考えの方は土屋ホームトピア神戸支店までお問合せ下さいませ。

神戸支店はこちらから→神戸支店

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪