toggle
横浜支店
2022-03-07

マンションの最上階のメリットで吹き抜けとロフトを作ってみた事例をご紹介~

こんにちは横浜支店です。
今日はマンションリノベーションで
吹き抜けとロフトを作った事例ですよ~
マンションでは、なかなかできないと思われている
吹き抜けとロフト!
どのように作ったのでしょうか?

目次

  1. マンションリノベーションのきっかけ
  2. マンションリノベーション後の間取り
  3. 暗くて狭いキッチンを移動して開放的空間に
  4. 落ち着けるロフト空間
  5. 収納と大きなパントリーを設置したキッチン
  6. 畳スペースがある落ち着けるリビング
  7. 本日の結論

1:マンションリノベーションのきっかけ

家族構成:ご夫婦
築年数:20年
構造:鉄筋コンクリート
マンションの最上階に住んでいて、
友人から天井裏の空間がかなりあることを知ったが、
そのスペースを何かに活用できないか相談したい。
キッチンが独立していて収納が少なく暗くて狭いので、
キッチンの場所を変更したい。

2:マンションリノベーション後の間取り

・元の和室と洋室の一部をリビングに
・元のリビングをダイニングキッチンに
・黄色の部分が吹き抜け(吹上天井)
・元のキッチンは玄関や室内からも使える納戸とロフトに

それでは実際の事例写真で見てみましょう!

3:暗くて狭いキッチンを移動して開放的空間に

4:落ち着けるロフト空間


アールの壁の納戸の上は、
こもることができる落ち着いたロフトにまりました!
吹上天井もゆるやかなアールにして
アクセントクロスでデザインしているので、
とてもやわらかな空間になっています。

5:収納と大きなパントリーを設置したキッチン

写真右の扉は奥行きのあるパントリー
その左の折れ戸は奥行きの狭い可動棚収納

6:畳スペースがある落ち着けるリビング

リビングに、ゴロ寝できる畳コーナーをつくり
くつろげるリビングになりました!

7.本日の結論です!

①マンションによって天井裏、床下など有効活用を検討する。
②マンションはロフトやミドルロフトなど空間利用も
  考えてみる。※子供部屋の動画をご参照ください。
③マンションは四角い部分が多いのでアールも取り入れてみる
④和室を無くすのではなく、一部取り入れてみる
⑤収納は必要な場所に出し入れしやすく作る

㈱土屋ホームトピア 横浜支店
https://www.hometopia.jp/branch/yokohama/
〒224-0001
横浜市都筑区中川1丁目4-1ハウスクエア横浜2階
★お電話でお問合せ
TEL:045-913-1995
★お見積り依頼は
https://www.hometopia.jp/contact/estimate/

◆会わなくても、担当者に会っているようにリフォーム相談できる
無料のWEB対面リフォーム相談をスタートしました。
https://www.hometopia.jp/information/web_1/
※初めての方でも「簡単に接続」できるようにサポート致します。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪