toggle
世田谷支店
2020-08-09

間取り変更リフォーム費用相場とリフォーム事例

こんにちは
WEB課の織江強志です。
今回は、間取り変更リフォームの内容になります!
新築当初、また新築マンションで
気に入っていた間取りでも10年、20年と過ごすと
ライフスタイルも変化しますので、
使い勝手の悪い間取りになっているってことがありますので、
今回は間取り変更の内容とさせていただきます。

目次

  1. 間取り変更が必要と感じられるとき
  2. 間取り変更リフォームのメリット・デメリット。
  3. ライフスタイルに合わせたリノベーションのポイント
  4. 間取り変更リフォームの費用・相場
  5. お部屋を一新の間取り変更リノベーション事例
  6. 本日の結論
  7. それでは1つ目から見ていきましょうね

    1:間取り変更が必要と感じられるとき

    ・家が古くて、今のライフスタイルに合わない
    ・寒くて、狭くて、暗く感じるのが気になる
    ・子育て中心だった家が、子供が独立して夫婦だけになった
    ・在宅ワークをするようになり仕事をするスペースが欲しい
    ・親(又は子供)と同居するようになった。
    ・子供や孫、友人が気軽に来れる間取りにしたい
    ・新たな趣味を楽しめる空間がほしい!
    などなど

    2:間取り変更リフォームのメリット・デメリット。

    メリット
    ・間取り変更でお客様のライフスタイルに合わせた空間ができる
    ・日々の不便や不満を解消できる
    ・お住まいの性能面も一緒に改善できる(断熱や換気など)
    ・リフォーム業者であれば、ほぼ無料で相談してもらえる
    ・間取り変更と合わせて内装も一新できる。

    デメリット
    ・戸建てもマンションも取れない柱や壁がある場合がある。
    ・プランや内容により補強に大きなコストがかかる場合がある。
    ・工事の期間が長くかかる場合がある。

    3:ライフスタイルに合わせたリノベーションのポイント

    ・リフォーム業者には「プラン」ではなく、「暮らし方」や「現在の不満、不便」を
     伝えてみる
    ・家族それぞれの暮らし方を平日と休日に分けて書き出してみる
    ・現在の不満、不便を箇条書きにしてみる
    ・書き出した内容に優先順位をつけて番号を付けてみる。
    ・リフォーム業者2~3社に相談してみる
    ・それでも納得いく業者に出合えない場合は、さらに2~3社探してみる。
     ※一度に5社~10社に声をかけると対応しきれなくなるので
        2~3社づつ確認するのがおすすめ。
    ・価格も重要ですが、「提案」や「対応」を重視するようにする。
     ※参考YouTube動画
    リフォーム費用が業者によって違うのは「なぜ」?
    をご覧いただければと思います。

    4:間取り変更リフォームの費用・相場

    ・まずは建物の作りについて 
    建物は大きく分けて4段階で構成されている

    1:仕上げ材:クロスやフロアーなど見える部分
    2:ボード(合板)下地:仕上げ材を貼るためのボードや合板
    3:木下地:ボードや合板を貼るための下地材
      ※マンションはLGS(えるじーえす)軽天(けいてん)
    4:主要構造体:柱・梁(はり)・土台・基礎

    間取り変更工事は、3番や4番からの工事が多くなる。

    間取り変更の費用
    ※マンション ㎡あたり 9万円~15万円 20帖で300万円~500万円
    ※戸建て   ㎡あたり 10万円~17万円 20帖で330万円~560万円

    断熱方法や耐震補強・水回りを含む、含まない、仕上げ材によって
    先ほどの金額と異なる場合がございます。

    5:お部屋を一新の間取り変更リノベーション事例

    マンションの間取り変更  リフォーム前はキッチン暗く、リビング・ダイニング狭い

    マンションの間取り変更  リフォーム後は明るく広くなったLDK

    緑豊かな公園に面したマンションという立地条件をもっと生かしたい
    夫婦2人でゆとりある暮らしの実現

    施主様のご感想  とても築44年の住まいとは思えないほど快適

    性能はもちろん動線や趣味も充実できるようにしたい。
    共働きなので雪掻きの軽減や採光・換気もこだわりたい。以前の動画でご紹介

    カッコ良く、住みやすい住まいに二人の要望以上の思いを汲み取っていただけた。

    LDKを広く水廻りを快適にしたい。家全体の寒さをなんとかしたい。

    すっきりと片付き、増築していないのに以前よりも広く感じる。
    温度差がなく家全体を有効に使えるのが嬉しい。

    6:本日の結論

    1:間取り変更で長年の不満や不便を解消できる
    2:ライフスタイルの変化にも対応できる間取りにしておく
    3:間取り変更と合わせて断熱換気もしっかり計画する
    4:子どもや孫、友人が遊びに来たくなることも考える
    5:間取り変更を業者にお願いするときは「暮らし方」を伝える
    ご質問やご相談は無料ですので下記よりお願い致します。

    ◆創業40年:全国31拠点で
    64,000軒のリフォーム実績
    株式会社 土屋ホームトピア 
    http://www.hometopia.jp/
    ◆お近くの支店
    https://www.hometopia.jp/branch/
    ◆ご相談フォーム(無料)
    https://www.hometopia.jp/contact/inquiry/
    ※私が原稿を書いてコラムニストのトコさんが
      説明しているYouTube動画がございますので
      よろしければご視聴とチャンネル登録をいただければと思います。
    ◆トコのハッピーリフォーム
    https://www.youtube.com/channel/UCKCebMPJaVYdmQSfjRhXR5w


    この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
    最新リフォーム情報をお届けします♪