toggle
神戸リノベーション支店
2020-11-26

神戸のマンションライフ。やっぱり気になる?!「梁」を活 かす 4 つのデザイン手法

こんにちは神戸リノベーション支店の石川です。
マンションリノベーションで気になるのは、
動かすことができない梁をどうするか。
梁の取り扱いで空間の印象は大きく変わります。
やり方次第で存在を目立たなくできるほか、
素敵なデザインに仕上がることも可能です。
今回は、梁の取り扱いのポイントについてご紹介いたします。

目次

  1. そもそも梁の役割ってどんなもの?
  2. 梁の存在を目立たなくする
  3. 梁を活かす空間デザインを採用する
  4. こんな斬新なアイデアも実現可能
  5.  

    1.そもそも梁の役割ってどんなもの?

    ある程度の規模をもつマンションのほとんどは、
    ラーメン構造で建てられています。
    「ラーメン構造」とは、柱と梁の組み合わせで
    強度を出しています。垂直方向に立つ部材が柱で、
    水平方向にかかる部材が梁です。
    梁は上からの荷重を直下の柱に伝えるほか、
    屋根や床を支えるという重要な役割を担っています。
    マンションにおいて大切な役割を担う梁を、
    ジャマだからと取り外すことはできません。
    梁があることで部屋の隅に柱が出てきたり、
    梁が通っている部分の天井が下がって
    しまったりするのは仕方のないことと言えます。
    デザイン的には野暮ったさもあり、
    デメリットもある梁ですが、工夫を凝らすことで
    デメリットをメリットに変えることが可能です。

    2.梁の存在を目立たなくする

    天井と壁の間に、廻り縁(まわりぶち)と
    呼ばれる見切り材を取りつけているケースも
    あります。廻り縁があると天井と壁が
    はっきり区分けされ、かえって梁を
    目立たせる結果になっています。
    この場合、縁を思い切って取り払ってしまうと、
    梁の存在を薄めることができます。
    あまり費用をかけずに実現できるのもメリットです。
    最近の新築のマンションでは、廻り縁の代わりに
    フクビというプラスチック部材を用いて
    見切り部分を目立たなくしています。
    また、壁と天井を同じクロス
    (あるいは同じ仕上げ材)にして
    梁を目立たなくさせる方法もあります。
    入隅(いりすみ)に着目するのもよいアイデアです。
    二つの面が出合ってできる内側の部分が入隅で、
    空間に影をつくります。この入隅に照明をあてて
    影をなくし、さらに梁の側面を照らす間接照明を
    設置することで、梁の存在を空間にすっきりと
    馴染ませることができます。リビングに間接照明を
    導入すると全体の雰囲気がソフトになり、
    快適なご家族の団らんを効果的に演出してくれるでオススメです。

    3.梁を活かす空間デザインを採用する

    入隅の反対が出隅(ですみ)です。
    2つの面が出合ってできる外側の部分ですが、
    マンションの梁は大切な構造体なので、
    取り外すことはできません。このデメリットを
    メリットに変える方法の一つとして、
    当社はアール(曲線)のデザインを提案しています。
    直線にアールを組み合わせることで
    デザインにやわらかさが加わり、
    リラックスできる空間にリノベーションできます。
    写真は、アールの上部に取りつけた間接照明が
    空間全体に広がりをもたらした一例です。
    夜はがらりと雰囲気が変わり、
    落ち着いた居心地のよい雰囲気を醸し出します。

    4.こんな斬新なアイデアも実現可能

    梁の存在を消すのではなく、むき出しの梁の色を変えることで
    空間のアクセントにすることもできます。
    その梁(の色)と相性のよい間接照明を導入すれば、
    スタイリッシュなカフェのような雰囲気に一新するでしょう。
    ペットとして猫を飼っているご家庭なら、
    梁にキャットウォークを組み合わせるのも
    素敵なアイデアです。高いところが大好きな猫にとって、
    お気に入りの場所になるのは間違いありません。
    このほか、収納と組み合わせたり、
    出隅にはさまれた壁にテレビを取りつけて
    スクリーンのように演出したりと、
    梁を活かす可能性は無限に広がります。
    どんな方法を採用すれば理想の住まいに近づくのか、
    リフォーム専門で30年以上の実績を持つ
    土屋ホームトピアに、ぜひご相談ください。

    創業39年:全国31拠点で
    62,941軒のリフォーム実績
    ㈱土屋ホームトピア 神戸支店
    〒657-0064
    神戸市N灘区山田町3丁目2-19パウダービル
    TEL:(078)862-8720
    下記からもご予約いただけます。
    支店の情報はこちら↓
    https://www.hometopia.jp/branch/kobe/
    ◆会わなくても、担当者に会っているようにリフォーム相談できる
    無料のWEB対面リフォーム相談をスタートしました。
    https://www.hometopia.jp/information/web_1/
    ※初めての方でも「簡単に接続」できるようにサポート致します。


    この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
    最新リフォーム情報をお届けします♪