toggle
銀座ショールーム
2020-10-19

飛鳥時代という今から1400年の古より連綿と伝えられた、倭の祭祀と、倭のこころ

銀座ショールームに天女が舞い降りました。
担当は若林です。

倭 瑠七 (やまと るな)さんは飛鳥時代から
1400年続く、倭舞を伝承する方で、おばあ様は
その65代目だったそうです。

満月の日に「 倭文化と倭舞を愛でる会 」が開催され
ました。
企画は、清原真紀さん。

倭 瑠七さんからは、
日本書記にも登場するという舞のお話や、
今日は満月ということで、飛鳥時代の日本は
月の満ち欠けを基準にして生活していて、
中秋の名月は、神様に感謝して、お供えものを
する習わしがあること。
また、祭壇には、榊、燭台、秋に収穫された作物、
水晶、金の鈴が飾られ、それも木火土金
という地球の大きな5つのエネルギーを
表していることなど、解説してくださいました。

銀座ショールームには、500~600年前から
伝っているというお道具を使ってしつらえを
再現してくださり、とても厳かな雰囲気の中で、
「 開き浄めの舞 」「 観月の舞 」など3種類の
舞を披露してくださいました。

舞も初めて見せていただきましたが、とても
美しく、優雅さと神秘性を感じる、貴重な経験
でした。

いらっしゃったお客様もとても感動されていて、
言葉にするのはとても難しいのですが、皆様
それぞれ、色々な思いを持ち帰られたことと
思います。

*集合写真以外は、ソラ~宇宙~のアトリエ主宰の清原真紀さんが撮影されたものを
掲載させていただきました。

土屋グループ創業50周年
新築・リフォーム・不動産の
★土屋グループ銀座ショールーム★
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/
「住宅」+「暮らしを彩る展示会」
「住宅」+「心を豊かにする催し」
を毎日のように開催しております。

【関連記事】~ソープアートの世界~

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪