toggle
函館支店
2017-04-25

トイレのランニングコスト・・・見直しませんか?

こんにちは、函館支店の宮本です。
仕事柄、よく最新のリフォーム商品を検索したりするのですが、どの商品も維持費がお安いことに驚きっぱなしです。

LEDが売り出され始めたころも「 月〇〇円節約になりますよ 」といったポップにぐらっと来たものですが、水道代・光熱費は家計の大部分を占めているので、主婦にとってはその辺が安くなるというのはとても魅力的ですよね。

今回はそんな「 ランニングコスト 」 とリフォームについてブログにしていこうと思います。
ちなみに、ランニングコストとは・・・運転資金。
また、設備や装置などを維持していくための経費。
消耗品や維持費などのことです。

先ほども書きましたが、水道代・光熱費は家計の大部分を占めていますよね。
ネットでも主婦ブロガーさんのブログを見ると「 〇〇をして電気代を月に〇〇円節約 」などの記事はよく見かけることができます。

トイレに関してでは、トイレのふたをまめに閉めることで、便座の温度を下げにくくして電気代の節約ができますよね。
ですが、トイレの維持費で大きいのはやはり水道代ですよね。
トイレタンクの中にペットボトルなどを沈めておくと、その分水道代が節約できるという話はよく聞くかと思いますが、故障やつまりの原因にもなるのでやめておきましょう。

でもトイレの洗浄水って多すぎてもったいないと思う事や、毎月水道代が高いとお悩みの方は土屋ホームトピア函館支店にご相談ください!
最新式のトイレに替えて、水道代だけじゃなくお掃除などのトイレのお悩みを解決できますよ♪

当店でもよくお世話になっているLIXILさんのトイレでは、商品のグレードによって節水の度合いを変えることができます。

eco6、eco5、eco4と三種類あるのですが、ecoのあとの数字がトイレの大で流す水の量になっています。
つまり、eco6だと大で流す水の量が6リットル、eco4だと4リットルという感じですね。

そもそも今のうちのトイレが一度にどのくらいの水を流すのかわからない!という方もいらっしゃると思います。
1989年から2001年までに発売された従来品は、なんと大で13リットルもの水を使っていたんです。
つまり倍以上ですよね。
そりゃあ水道代も高いわ・・・とLIXILさんのショールームで宮本は納得しました。

でも、ここで出る疑問が「 半分以下の水でちゃんと今まで通り流れるの? 」 だと思います。
私も思いました! なので、主婦代表になった気持ちで、聞きました!

先ほどの写真のサティスSを参考にお話しすると、三か所から強力な水流が出るので、きちんと流れるそうです。

確かに、古い施設などで水流がとても弱いトイレだと、たとえ大で流したとしても紙が流れていかず、焦る! という経験が皆さんありませんか?
私は昔、屋外レジャー施設のトイレでこの状態になり、何度も水がたまるまで待った挙句、水流のせいと気づき、友人に頼んでバケツにたくさん水を汲み、一気に流したという苦い経験があります。

サティスは実際使ってみても、紙が流れないなんてことにはならず、快適に使うことができました。

LIXILさんのHPを参考にしたところ、従来型のものと比べて、2日でお風呂一杯以上の節水効果が期待できるそうです。

※お風呂1杯180リットルで計算しています。
試算条件:4人家族(男2人、女2人)が大1回/人・日、小3回/人・日で使用した場合で算出。
引用元:省エネ・防犯住宅推進アプローチブック

もちろん節水効果だけでなく、お掃除も劇的に楽になります。
トイレのお掃除のお悩みといえば、なんといっても黒ズミなどの水垢ですよね。
一度ついてしまうとなかなか落ちないですし、本当にやっかいです。

サティスはアクアセラミックという素材を使っているのですが、水となじみやすくなっているので、水が汚れの下に入り込んで流していってくれるのです。
もちろん定期的なお掃除は必要ですが、汚れにくい分、お掃除の時短になります!

その他にも、和式を洋式に替えたい、トイレのにおいや、使い勝手などが気になる・・・という方も、ぜひ土屋ホームトピア函館支店にご相談ください。
毎日のお掃除が楽になるトイレや、においや湿気を吸い取ってくれるおしゃれな建材などなど、お客様の生活スタイルに合ったご提案をいたします。

また、お住まいの無料点検もいつでも受け付けておりますので、お気軽にお声がけくださいませ。

社員一同、お待ちしております。

土屋ホームトピア函館支店
〒041-0802
函館市石川町52番28号 シティ青山
0138-47-2220

   

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪