toggle
札幌西支店
2017-03-09

机をDIY

こんにちは、札幌西支店の小田です。

「 とりあえず 」 と「 ま、いっか 」 の繰り返しで、家の一角が雑然としてしまった事ってありませんか?
雑然ゾーンの1つを整理したい、主婦のDIYをリポートします。

こちらが雑然ゾーンその1です。

電話、ルーター、とりあえず置かれたミシン、箱から盛り上がってしまったお便り。
恥ずかしい惨状です。

今回のテーマは

「 電話とルーターを置いて、ミシンが使えるスペースがほしい! 」 です!

木材のカットは、あぶなっかしいと言う事で、丸鋸が使用禁止になっておりますので、旦那にカットしておいてもらいました。
全く信用なく、残念です。

今回は、自宅にある木材を使いたかったので、ホームセンター4件に、持ち込みのカットをしているか電話確認したところ、持ち込みは受け付けていませんでした。

丸鋸を禁止されている主婦としましては、厳しい現状です。
気を取り直して、子供におさえてもらって、組み立てました。

どうでしょうか。

左側の小さい棚にルーター関係をいれて、机の下に書類のはいる箱を入れる作戦です。
机の下には、こちらのクッション材をはります。

特に重いものをつくった時には、クッション材を貼るだけで、移動も楽になりますし、フローリングに傷がつきにくくなりますので、このひと手間はお勧めです。
今回はたまたま、このクッション材を使用しましたが、ホームセンターや100均でいろんな種類があるので、お好みを探すのも楽しそうですね。
さてさて、本題の机に戻ります。

ジャーン! 完成しました! !

どうでしょうか? 最初のときと比べてすっきりしましたよね?
電話のコードの始末も残っていますし、今後も家にある木材を使って、このスペースは進化させようかと企んでおります。
手芸は苦手ですが、ミシンスペースを楽しく作ったので、3月中頑張って袋もつくりたい( 作らなければ ) と思います。

今回のスペースは、90センチ×90センチくらいの場所です。
小さいスペースですが、工夫次第で楽しい場所にできる可能性を秘めています。
私は、作るのが好きなので、自分でDIYしていますが、

「 デッドスペースを書斎にリフォームしたい 」
「 押入れを子供のデスクスペースにしたい 」
「 トイレのクロスを変えて明るくしたい」
「 台所のカウンターを外して収納にしたい 」

等々、お気軽にご相談ください!!

   

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪