toggle
大田営業所
2017-08-11

ペットのための熱中症対策~ペットケアアドバイザーより~

年々暑い日が多くなり、33℃を超える暑さに参ってしまう毎日ですが、皆さん体調を崩されていませんか?
7月に1つ歳を重ねて、いささか暑さが身にしみている、大田営業所の松岡です。

毎日、熱中症のニュースが流れない日は無いですね。
ご年配の方や小さいお子さんには、特に注意が必要ですが、直接話の出来ないワンちゃん、ネコちゃんにも熱中症対策が必要です!

人間のように、汗をかいて体温調節が出来ないのです。
ワンちゃんが汗をかける所は、肉球だけです。
汗腺があるのは肉球のみ・・・
しっかりした毛皮のコートを着込んだワンちゃんは、ハァハァと大きく息をして、体温を下げようとしていますが、なかなか大変な事です。
我が家の愛犬も暑そうです。

愛玩動物飼養管理士(ペットケアアドバイザー)の松岡からのアドバイスです。

こちらの項目をチェックしてみて下さい。

  • しっかり水を飲んでいるか?
  • 呼吸の状態はどうか?
  • よだれを頻繁に垂らしていないか?
  • 名前を呼んで反応はあるか?
  • ぐったりしていないか?
  • けいれんはないか?

対処としては、冷水を飲ませる・体にたっぷりと冷水をかける。
少しでも心配な時は、病院へ早く連れていく事をお勧め致します。

熱中症にならないためにも、気を付けたい事は空調管理です。

  • 留守番をさせる時は、必ずエアコンをつける。
  • 車内には絶対に残さない(日陰でも)
  • 散歩の時間には気を付ける。ワンちゃんは、人間よりも道路に近い所を歩きます。アスファルトの温度はかなりの高温になります。

比較的、ワンちゃんよりもネコちゃんの方が、暑さには強いようですが、ネコちゃんにも熱中症対策はしてあげて下さい。
愛猫たちに元気に過ごしてもらうためにも、熱中症対策は大切です!

クールマットなど、ペット用品も色々あるようです。
活用してみては如何でしょうか?

人間用の保冷剤等は、ワンちゃんが噛んだり食べたりするかもしれないので、使用しない方が良いかもしれません。
バスタオルを濡らして敷いてあげるだけでも、体温調節に役に立つそうです。
こまめに取り替えてあげて下さい。

そんな夏の暑さ対策に断熱リフォームをして、高い電気代の節約を考えてみませんか?
断熱というと、冬の寒さ対策のイメージをされる方が多いですが、実は夏の暑さ対策にも効果があるんです!
こちらの記事にも、断熱について詳しく書いておりますので、興味のある方は覗いてみてください!
「 意外と知らない? 外断熱リフォームのメリット 」

夏だけではなく冬もグンと暖かく、そして節約して過ごせます。
まずは大田営業所へご相談下さいませ!

うちのワンコは、涼しい所を見つけてはゴロリ。
エアコンの風の当たる所ではヘソ天で寝ています(笑)
羨ましい限りです。
彼のお気に入りはテーブルの下。チョット汚れていて狭い所が安心するようです。

共に生きる家族です。
大切な命を守ってあげられるのは私たちですから・・・
少しでも多く、そして長く楽しい時間を一緒に過ごすことができれば良いですね。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪