toggle
大田営業所
2019-09-16

イヌとネコと飼い主さんの防災セミナー参加 ~ ペットケアアドバイザーから ~ No.4

NPO法人CONNECT(コネクト)主催の防災セミナーに参加してきました。
講師の先生は
・神奈川県獣医師会災害対策委員、深作 惠 様
・神奈川県動物愛護推進員、深谷建築設計室 一級建築士、深谷 美登里 様
・神奈川県動物愛護推進員、千田 久仁代 様

セミナーの内容としては
1.今日からできる! ウチの子のための住まいの災害対策
2.日常生活から考えるわんにゃん減災シミュレーション
3.あなたの大切な家族! ペットとの同行避難

先ずは「自分の命」を守る事!
飼い主が先に死んでしまったら・・・。
大切な家族(ペットたち)の命の責任が最後まで取れなくなってしまいます。

【 絶対(ペット)と一緒に助かるんだと!生き残るんだ!! 】
と、強い気持ちを持つ事。

☆部屋の中に危険がない事
・落ちない・割れない・倒れない
上から物が落ちてくる→箪笥の上からや吊り下げている物等。
物が割れる→ガラス窓、額縁、花瓶等。
家具が倒れる→内開きのドア前に家具が倒れると、外に出られなくなり、外からも開けられなくなる。
災害時、死亡やケガは家具の転倒、落下46%。
ガラスの破損29%・・・合わせて全体の4人の内3人になるそうです。

熊本地震では1981年以前の「旧耐震」と言われる建物は2棟に1棟、「新耐震」と言われる建物でも5棟に1棟は修復困難な状態になったそうです。

ブロック塀や屋根瓦は自分だけでなく、他の人の命にかかわることにもなります。
点検や補修工事をしましょう。

各自治体には色々な補助金もあります。
上手に活用して災害に強い、家族の命を守る事が出来る住宅に致しましょう!
大田営業所はいつでも、ご相談を受け付けております。

災害時に役に立つ物は、ガムテープ・マジックが大活躍してくれるそうです。
緊急時の持ち出しバックに入れておきましょう。

具体的なペットのための災害対策は、前回のブログでご案内をさせて頂いたものとほとんど変わりはございません。
活用してみてください。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪