toggle
世田谷リノベーション支店
2020-12-01

世田谷区でお風呂やユニットバスに付けるべき5つのものをご紹介!

こんにちは!デジタル課の織江です。
今日はですね~ 
お風呂をリフォームするときにつけた方がいいもの
についてのご紹介です!

目次

  1. 出入り口の引き戸
  2. 24時間換気 換気扇タイマー
  3. 出入り口の手すり・浴室手すり
  4. 断熱浴槽 又は断熱工事
  5. シャワーストップ水栓
  6. 本日の結論
  7. 1:出入り口の引き戸

    お家での死亡事故の一番は浴室、
    これはヒートショックでの原因が多いため
    と言われています。
    ①洗い場で倒れても
    引き戸だと助けやすい
    ②腰痛、ひざ痛などになったとき、
    介護が必要な時は
    介護の用のイスを洗い場に
    おきます。この時も引き戸だと
    イスの移動を何度もしなくて済みます。

    2:24時間換気 換気扇タイマー

    ・24時間換気扇は24時間
    つけっぱなしでも月に500円
    未満の場合が多いです。
    家の換気(各部屋の自然給気の
    換気扇から新鮮な空気を取り入れ
    汚れた室内の空気をお風呂で排気します。
    さらにカビの発生の抑制などにも
    大きな効果がございます。

    ・お風呂以外で換気設備がついている
    場合は換気扇スイッチに換気扇タイマーを設置

    3:出入り口の手すり・浴室手すり

    出入り口の縦の手すりは浴室に入るときの転倒防止
    浴槽横の手すりは溺死防止対策
    ヒートショックなどで溺れそうになった時は、
    意識がもうろうとしているので
    つかむことができる手すりが重要

    4:断熱浴槽 又は断熱工事

    何度かお話させていただきました、
    ヒートショックは、温度差が原因で血圧が変化すること。
    ヒートショックを防止するのは暖房または
    断熱をしっかりすることです、
    ユニットバスにも最近は断熱浴槽、断熱パネルが
    ついている商品が出てきておりますが、
    できれば6面断熱工事をするのがおすすめです!

    5:シャワーストップ水栓

    ・シャワーストップ水栓は、シャワーヘッドに
    ボタンがついていてボタンを押すとシャワーがとまります。

    ・お湯・水の節水につながるもは、もちろんですが、
    頭を洗っているときに蛇口を探さなくて
    お湯を止められること。

    ・介護の時なども狭い空間で
    蛇口まで手を伸ばさなくてもすみます。

    ・浴室の掃除などの時も
    お湯をとめるのに体をひねったり
    反転する必要がなくなります。
    ※意外とお風呂の掃除のときに
    ケガをされる方が多いです。

    6:本日の結論で~~す!

    ①出入り口の引き戸は家族を助けることになる
    ②24時間換気 換気扇タイマーは換気で家の健康を守る。
    ③浴室の手すりは、浴室事故防止に必須
    ④断熱浴槽 又は断熱工事は家族の命を守る
    ⑤シャワーストップ水栓は、節水と不便の解消になる
    本日は以上です。

    【関連動画】
    お風呂リフォームのポイント! お風呂の事故対策と快適な睡眠のための入浴

    ◆トップページ
    http://www.hometopia.jp/
    ◆お近くの支店
    https://www.hometopia.jp/branch/
    ◆世田谷支店
    東京都世田谷区用賀2丁目35-6 松忠ビル1階
    https://www.hometopia.jp/branch/setagaya/
    フリーダイヤル 0120-093-033

    ◆会わなくても、担当者に会っているようにリフォーム相談できる
    無料のWEB対面リフォーム相談をスタートしました。
    https://www.hometopia.jp/information/web_1/
    ※初めての方でも「簡単に接続」できるようにサポート致します。


    この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
    最新リフォーム情報をお届けします♪