toggle
横浜支店
2017-04-04

『 住みながらの増改築工事 』横浜支店・現場リポート 9週目

こんにちは。横浜支店 安達です。
このブログを読んでいただいた方から、「 リフォームって、TVの『 大改造!劇的ビフォー・アフター 』のイメージで、ほとんど壊すのかと思っていたけど、結構、現状を残して出来るんだね。 」とご感想をいただきました。
残せるところは活かして、改修したいところに予算をかける、というのができるのも、リフォームならではのメリットです。

3月13日 くもり

換気が設置されました。
2003年の建築基準法の改正で『 24時間換気 』が義務化になり、家全体の空気が2時間に1回入れ替わるよう、換気計算をして換気設備を設置することになっています。
換気は、シックハウス対策の他にも、木材を乾燥した状態に保ち、家を長持ちさせるために、とても大切です。

ドアを閉めていても、空気が流れて換気できるように、ドアと床の間に隙間が空いています。

今では、住宅用火災報知器の設置も義務付けられていますので、各部屋と階段に設置しました。

電気は、専用回路が増えたので、小さな分電盤を増設しました。

3月14日 くもり

今日は、美装の日です。
養生シートが剝がされて、仕上がりの状態が見えてきました。

玄関にも、娘さんデザインの絵ガラスの窓がついています。
この窓は、複層ガラスの1枚が絵ガラスになっていて、サッシに組み込まれています。

お母さまの部屋です。
障子タイプの内窓が付きました。
ミニキッチンには、コンロは付いていませんが、湯沸かしポットなどが使えるように、電源が用意してあります。
上部には排気ファンも付けました。

3月17日 晴れ

部屋を使っていただく前に、キズや補修が必要なところのチェックを行いました。
この後、補修を行います。

3月18日

今日は実質上、内部のお引渡しです。
2か月間キッチンが使えなかったのは、かなりのストレスだったと思います。
新しいキッチンでお料理が出来るようになりました。

   

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪