toggle
本店
2017-03-11

~立春リフォームフェア~ 家とコーヒーと私。

” コーヒーは地獄のように黒く、死のように濃く、恋のように甘くなければならない ”

こんなトルコのことわざをご存知でしょうか?
光と影が交差して、どこか心地良い響きのある言葉です。
大好きなコーヒーを片手に、最近は読書も始めました。本店の清水です。

1月に行なわれた、新春イベント後の皆さまからの声にお応えし、遂に第2弾!
先日、本社・本店ショールームで立春リフォームフェアが開催されました。
今回はその様子をお届けします。

エントランスでは、素敵な笑顔のスタッフがお出迎え。

この日は、設備・建材メーカーの” パナソニックリビング ” さんとコラボし、トイレや洗面化粧台などの水まわり機器から内装ドアまで、実物の商品が本社ショールームに大集結!

それぞれの商品の大きさや機能性など、見て触ってご体感いただきました。

こんなに大きなキッチンも、実寸で登場!
写真は” Lacucina “( ラクシーナ )

最近、キッチンのリフォームをお手伝いさせていただきましたが、今のキッチンは本当にすごい・・・!
どんどん新しい機能が増え、使い勝手が年々良くなってきています。
毎日のお料理や、日々のお掃除が今よりも、もっと楽しくなりますよ☆

今日のわたしのおすすめは、こちら♪
バスルーム” Oflora “( オフローラ )

お湯に酸素を含んだミクロの泡を加えて、白くやわらかなお湯が出てきます。
ブースでは実際にその体験も出来ました!

あっ・・・、白いお湯の時に撮影するのを忘れてしまいました(笑)

でも、この” 酸素美泡湯 “なら、ぬるめの約39℃で入浴してもしっかり温まるうえ、湯あがり後も湯冷めしにくいのです!
わが家にも欲しいな~ ♪

パナソニックリビングさんの商品をもっと知りたい方は、こちらをチェック!
パナソニック リビング ショウルーム

また、会場では1月のイベントで大好評だったカルチャー教室も開催されました。
今回のテーマは「 コーヒー 」
コーヒー好きの私も、とっても楽しみにしておりました!

講師には、UCCコーヒーマスターズ北海道チャンピオンの福田健宏氏と、札幌市を拠点に活動されている井上鉄也氏をお招き致しました。

皆さまには、日本ではまだ珍しい、コーヒー王国ノルウェーの首都・オスロにあるカフェ” FUGLEN( フグレン ) ” のコーヒーを試飲いただきました。

ノルウェー語で「 鳥 」 を意味する「 FUGLEN 」。
なかなかイメージが湧きませんが、ノルウェーは世界最高品質のコーヒーが飲めると言われているんですよ!

浅煎りコーヒーが特徴的なFUGLENのコーヒーは、果実の甘味や酸味がストレートに引き出されていて、とっても個性的。
豆の色も、日本のコーヒーショップとは一味違いますね~。

① ノルウェーのコーヒー( FUGLEN )

② 日本のコーヒー( 東京・堀口珈琲 )

とってもいい香りがします♪

お二人の先生によると、コーヒー豆は挽いてしまうと7倍も酸化が進んでしまうため、コーヒーを淹れる直前に豆を挽いてあげるのが一番だそうです。

そして、豆を挽いた後は「 冷凍庫 」 での保存がおすすめ。
目安として2か月ほどで使い切るのがベストです!

素敵なおうちに集まって、みんなで美味しいコーヒータイム♪
私も、なんだかすごく勉強になった1日でした!

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

井上鉄也氏のコーヒーが楽しめるカフェはこちら
STREAMER COFFEE COMPANY
  住所: 札幌市中央区北5条西2丁目 札幌ステラプレイスCENTER 4F
営業時間: 10時~21時( 休館日を除く )

EZO CONSULTING GROUP株式会社 > 
 住所: 札幌市中央区南4条東4丁目7−1
営業時間: 10時~21時( 定休日は日曜・祝日 )

このブログ掲載内容に関する各種お問合せは、下記まで
株式会社 土屋ホームトピア 本店
住所: 札幌市厚別区厚別南1丁目18-1
TEL: 011-896-3306 FAX:011-896-3022
担当: 後藤、渡辺、清水

★ おしらせ ★
本店のFacebookを開設しました。こちらも合わせてご覧ください!
土屋ホームトピア 本店 Facebook

   

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪