toggle
軽井沢リフォームスタジオ
2018-10-22

軽井沢の別荘リフォーム、最近のトレンドは?

本日は、軽井沢の別荘リフォームの最近のトレンドを、次の3つのポイントに絞ってご紹介したいと思います。

目次

  1. 1.軽井沢で冬も快適に過ごせる別荘の断熱リフォーム
  2. 2.軽井沢の歴史を継承するための『再生(リノベーション)』
  3. 3.軽井沢でも首都圏でも打合せが可能

1.軽井沢で冬も快適に過ごせる別荘の断熱リフォーム

軽井沢で長年にわたり避暑に利用してきた別荘を、夏だけではなく一年を通して快適に過ごせるように別荘リフォームしたい、という要望が増えています。
適切な建物診断を行い、床・壁・天井に寒冷地仕様の断熱を施し、窓を断熱樹脂サッシに交換することで、これまでの夏仕様の別荘から、寒さの厳しい軽井沢の冬でも快適に過ごせる空間に生まれ変わります。
これからもずっと過ごしたい、思い入れのある別荘だからこそ、快適な空間にして、軽井沢の別荘ライフをエンジョイしたいという方が増えているようです。

夏仕様の、リフォーム前の軽井沢の別荘

北海道仕様の断熱を施し、冬も快適過ごせるようにリフォームした軽井沢の別荘

2.軽井沢の歴史を継承するための『再生(リノベーション)』

祖父母の代から所有している別荘で、親から受け継いだ別荘を今後どうするか。
壊して建替えてしまうか、売却してしまうか、リフォームして使い続けるか・・・。
大きく分けて、この3つの選択となりますが、思い入れや愛着がある別荘だからこそ、今の雰囲気をそのまま活かしてリフォームしたい、という相談も多くいただきます。
ここでご紹介する事例も、そのようなご相談からご縁を頂きました。
 
軽井沢で明治時代に建てられた、老朽化の激しくなった歴史的な別荘を所有していたF様は、子供の頃から使っていた思い出のあるその別荘を、建物の雰囲気を損なわずに、北海道で培った寒冷地仕様の断熱工法で、快適に過ごせる空間に再生(リノベーション)しました。
すき間風が入る建物が、一年を通して使用できる別荘に様変わりしただけでなく、歴史的建造物の趣を残す為、軽井沢初期の別荘の特徴である、石積みの暖炉や土管煙突をそのまま残しました。

築100年を超える別荘が、軽井沢の古き良き佇まいを残したまま現代によみがえった事例です。
このようなケースの別荘リフォームも最近増えています。

築100年を超えて老朽化が激しくなった再生前の別荘

工事中(構造躯体と石積みの暖炉を残して解体)

軽井沢の歴史と北海道の断熱技術が融合して再生した別荘

3.軽井沢でも首都圏でも打合せが可能

昔よりもずっと身近になった軽井沢。
バカンス目的だと、気軽に軽井沢に行こう! となりますが、別荘リフォームの打合せの場合、満足のいくリフォームをするには、何度も打合せが必要になります。
1回や2回はいいですが、打合せの度に軽井沢まで足を運ぶのはちょっと、とお思いの方も多いと思います。
そこで、首都圏に相談窓口があると喜ばれるようです。
軽井沢に常駐の担当者がいるのはもちろん、軽井沢に行かなくても、首都圏で軽井沢にある別荘の打合せができ、更には、軽井沢の別荘だけでなく、首都圏にあるご自宅のリフォームの相談ができる環境を望んでいる方も増えています。

そのような声に応えるべく、土屋ホームトピアでは、銀座にショールーム兼打合せサロンスペースを設け、別荘やお住まいの事をゆっくりと打合せができる場所をご用意しております。
さらに、世田谷・目黒・大田や横浜での打合せも可能です。
また、軽井沢担当の私が、月に1回この銀座ショールームで軽井沢セミナーを開催し、軽井沢に関する情報のご提供とご相談対応を行っておりますので、気軽にご相談いただければと思います。

土屋グループ銀座ショールーム

以上、軽井沢別荘リフォームの最近のトレンドをご紹介させていただきましたが、更に詳しい事例や銀座ショールームのご紹介などもございますので、下記クリックにてご参照下さい。

冬も快適に過ごせる断熱リフォーム事例は・・・
https://www.hometopia.jp/gallery/details/d112/

再生(リノベーション)の事例は・・・
https://www.hometopia.jp/gallery/details/d145/

首都圏で打合せ可能な銀座ショールームの紹介は・・・
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/

お問い合わせは・・・
https://www.hometopia.jp/karuizawa/contact/contact.php

軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪