toggle
目黒支店
2020-03-26

目黒区でマンションの結露カビに悩まれている方へ(換気編)~熱交換型換気窓~

こんにちは、
WEBコミュニケーション課の大類です。
コロナウィルスの影響でオリンピックが
延期されたり、様々な事が自粛され、
各方面に影響が出ておりますが、
一日でも早い終息を願うばかりです。

今回は熱交換型換気窓の仕組みについて
お話させて頂きます。

たとえば、外気温が0℃の時に室内に
入り込む空気の気温が約14℃になって
入ってくる熱交換器はあると思います。
これは一つの機器ごとに電源を必要とします。

これが同じ条件で電気を使わずに出来たら
経済的だと思いませんか?
( 24時間換気の換気扇は回しますが )

その仕組みはこうです。

今の住宅は24時間換気が基本です。
これを回しておりますと外側の空気が
外窓のガラリから入って来ます。
通常ですと、この空気は内窓を付けても
そのまま室内に入ってしまいますね。
ですから熱い時や寒い時はガラリを
閉めてしまいませんか?

それは換気不足の原因になりますよね。

ところが、外窓と内窓の間に整流板
というものを設置し、まっすぐ空気を
通過させないように空気の流れ道を作ると、
入ってきた空気は一旦下に落ちて行き、
24時間換気によって引上げられる途中で、
夏であればエアコンで少し冷えたサッシに
接触しながら、冬であれば暖房で少し
暖まっているサッシに接触しながら室内に
入り込んできます。

窓でありながら空気が流れている間に、
室内側に近い気温で空気が入ってくる
という熱交換を、換気を利用し実現
出来たのです。

整流板と換気ガラリの実物はこんな感じです。

ご自宅の窓はこのような窓では
ございませんか?

出来上がりはこんな感じです。

もちろん、内窓の裏側は空気が
対流しているので、大きな窓や北面の窓も
結露は発生しなくなります。

目黒リノベーションスタジオでは
定期的にセミナーなどを
おこなっておりますので
気軽にお越しいただければと思います。

創業39年:全国31拠点で
62,941軒のリフォーム実績
㈱土屋ホームトピア 目黒リノベーションスタジオ
https://www.hometopia.jp/branch/meguro/
〒152-0004
東京都目黒区鷹番2丁目19番13号 RINAビル
東急東横線 学芸大学駅 徒歩2分
★お電話でお問合せ
TEL.03-3713-6422
★お見積り依頼は
https://www.hometopia.jp/contact/estimate/


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪