toggle
銀座ショールーム
2020-10-06

季節の和菓子で茶道体験 大人の女性に磨きをかけませんか?

急に涼しくなり
菊が美しく咲く季節になりました

内山美智子です

季節の和菓子で茶道体験 大人の女性に磨きをかけませんか

本日のイベントは

土屋グループ銀座ショールームで、ご縁の繋がった二人の新コラボ企画です。

”素人でも楽しく作れる和菓子”と江戸千家のお点前で秋のひと時を
お愉しみいただける、初めての方でも安心してご参加できるお茶会でした。

「 美しい和菓子と美味しいお抹茶 」

講師 大河内 宗紗 氏 (茶道教授)

講師  河合公美子 氏
     (和菓子担当・レースドール作家)

重用の節句とは
旧暦では菊の花が咲く季節である事から
菊の節句とも呼ばれています。

日本独自の風習として
菊の着せ綿が重用前夜
9月8日の夜に菊の花を真綿で覆って
夜露と香りを移しとり
身体や顔を拭うと
不老長寿とされるそうです。
現在では
菊の花をかたどった
和菓子などを食べるようになり
不老長寿の意味もございます

今日の
★お花は 「 野ぼたん 」
★短冊は 「 天高気清 」( てんたかく、き、すがすがし )
★松茸の画賛(がさん)( 秋の空の様子を描いています )

本日の和菓子担当の
河合 公美子先生

和菓子は「 素人でも楽しく作れる菊の和菓子 ”着せ綿“を
デモンストレーションをして下さいました。

お着物姿の
大河内 宗紗先生から
お着物の
ご説明をしていただきました

9月には単衣(ひとえ)と言う裏地のない着物を着ます。
今日は重用の節句に合わせて菊柄のお着物を着ていらっしゃいました。

大河内宗紗先生のご友人
日本舞踊の先生

藤蔭万伊都さんのお着物についてお聞きしたところ
9月といっても暑いですが、やはり本来の
季節どおり単衣のもので、まだ半分薄物感がある
涼しげな色味を残しながら秋の草花を入れた柄ゆき。
帯はしっかり重めなものを合わせられた
ということでした。

土屋グループ創業50周年
新築・リフォーム・不動産の
★土屋グループ銀座ショールーム★
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/
「住宅」+「暮らしを彩る展示会」
「住宅」+「心を豊かにする催し」
を毎日のように開催しております。

【関連記事】ソープカービングワークショップ


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪