toggle
福岡支店
2018-03-26

福岡マンションリフォームN邸解体始まりました!

築40年の歴史をおしゃれにリフォーム

みなさん、こんにちは!
福岡に、越してきて初めて花粉症というものを知った福岡支店マンションリフォーム課の藤田です。
今回はN邸の全面改修工事中の状況報告をさせて頂きます。
皆さんは今、見えている壁や天井等の裏側がどうなっているのか見たことありますか?
機会がないと、なかなか見れないですよね。
そんな現場を一挙公開!

既存の状態です。
これより天井、壁、床と全て解体撤去します。

既存の壁、床、天井を解体した状態です。
やはり、断熱材は入っていませんでした。

両隣は部屋なので断熱無しでも外気に触れていないので問題は御座いませんが、私ども土屋ホームトピアは、熱橋(ヒートブリッジ)を考慮し外壁面の断熱は勿論ですがそれより約60cm内側へ断熱材を吹き付け致します。
この60cmをするのとしないのでは大違いです。

福岡のマンションでは、最近こそ断熱材が入っていますが一昔前のマンションは入っていない事が良くあります。

福岡は寒くないから断熱工事は必要ないと思う方もいらっしゃるかも入れませんが、それは大きな間違いです。
福岡の家は断熱機能が弱いので、冬の家の中は、北海道の家の中より寒い家が多いです。
北海道よりも福岡県の浴室での死亡事故が断然に多いのはこういう事だと思います。

また、年間の最高気温と最低気温の温度差は、北海道と福岡はほぼ同じです。
という事は北海道と同じ断熱性のが必要という事になりますね。

ではまた、引き続き工事状況を更新していきますので次回をお楽しみに!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪