toggle
郡山支店
2019-08-31

森と水とロマンの鉄道…SLばんえつ物語今年も行ってきました

毎朝、朝食前の新聞の購読にて「そうか~走っているのか~」と主人。
一年ぶりにSLばんえつ物語が運行したと知り記事になっていたようです。
「行ってみるか」と主人、そんな事で出かけて来ました。

1999年4月29日から磐越西線で復活を遂げたSL(C57-180)
新潟県新津駅から会津若松駅を約3時間30分かけ運行中です。
1946年生まれで大きな動輪と細いボイラーにより優美に見える姿から(貴婦人)と呼ばれているようです。

【動画でご覧ください。】

上り西会津野沢駅に向かっています。

燃料の石炭(工業用練炭)を投炭しています。

山都駅出発です。

停車時間10分の間で点検

山都駅出発
でもびっくりΣ(゚Д゚)
外気温度が高く警告通知が画面にでて操作不能になりました。

20周年記念デザインの【ヘッドマーク】になっていました。
鉄道ファンはこの【ヘッドマーク】の写真に価値があるようです。

左:10分の停車時間に点検にて油をさしています。
右:機関士さんは運行表を確認していました。

【運行日】9月の土・日運行中です 
【料 金】乗車券+指定券=2790円
 

※是非機会がありましたらSLの旅を楽しんでみませんか。
 自然豊かな沿線を走りぬけます。
 水蒸気・汽笛・車輪の音と迫力があります。

HP:https://www.jrniigata.co.jp/train/banetsu/


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪