toggle
TEC・AM課
2021-10-16

札幌にお住まいの皆様へ参考になる~夏も冬も快適になったリビング事例をご紹介いたします。

こんにちは!!!
今回は、築32年の親から相続した
家を3Kリフォームした事例です。
リフォームの3Kとは何でしょうか?
・・・正解は綺麗・機能的・快適でした!

目次

  1. リノベ前のお客様のご要望
  2. リビング横の和室を素敵なダイニングに
  3. 夏も冬も快適になったリビング
  4. 木曽檜(きそひのき)のカウンター
  5. 北側にあるキッチンを明るくした工夫
  6. GCボードのボタン留めの寝室
  7. 本日の結論

1:リノベ前のお客様のご要望

家族構成:ご夫婦+お子様2人
築年数:32年
構造:木造在来
リフォームのきっかけ
ご両親様が駅に近いマンションに住替えるため
ご実家を息子さんが引き継いで住むためのリフォーム。
自分が育った家なので思い出もあるのだが、
一新して新たに家族で使いたい。
さらに昔ながらの動線や間取りを使い勝手よくしたい

2:リビング横の和室を素敵なダイニングに

リフォーム前
日当たりが悪く、薄暗い和室

リフォーム後①です。
床は大理石、窓は黒のアイアンでオシャレにデザイン、壁はアーチ型にエコカラットを施工しました。

リフォーム後②
肘掛窓にタイルを張り、
アイアン格子を取り付けてベンチのように使うことができます。

※肘掛窓(ひじかけまど)とは、
床から30cm~45cm立ち上げた
ところから取り付けた窓の事

リフォーム後③
可動式の飾り棚を取り付けました。
棚の位置を好きな場所に変更することができます。


壁は大理石を張り、間接照明でデザインしました。

3:夏も冬も快適になったリビング①

断熱施工と床暖房で冬は暖かく、夏は心地よい風が流れる
快適なリビングに大変身。床はリビングも大理石です。

夏も冬も快適になったリビング②

4:木曽檜(きそひのき)のバーカウンター

左:リビング側から見たバーカウンターの様子
中央:木曽檜(きそひのき)のカウンター
右:木曽桧の足置き

5:北側にあるキッチンを明るくした工夫

実はこちらのキッチンは北側にあります。
なぜ北側なのに、キッチンが明るくなったのでしょうか?

正解は、天窓を取り付けたことで、外の光が差し込むようになったからです。
これで奥様も毎日気持ちよくお料理ができますね。

6:GCボードのボタン留めの寝室

※GCボードとは吸音材をガラスクロス
(レザーシートのようなもの)で包んだものをボタン留め施工しました。

7:本日の結論で~~す!

①古い・寒い・不便もリフォームで改善できる
②リフォームの3K~綺麗・機能的・快適~を意識してみる
③見えない分の断熱・気密・耐震で快適で安全にする
④自然素材 石・木材・鉄などの素材をデザインに取り入れる
⑤光の取り入れ方、風の流れも計画する

【リフォーム事例】
リフォームに必要な3K ~綺麗・機能的・快適~
https://www.hometopia.jp/gallery/details/d098/

【戸建てリフォーム】
https://www.hometopia.jp/reform/house/

【関連動画】
【衝撃】ビフォーアフター !リフォームで古い・寒い・不便を改善した
築32年リフォームの3K~綺麗・機能的・快適~
https://youtu.be/LTWOWJdor6M

創業39年:全国31拠点で
62,941軒のリフォーム実績
㈱土屋ホームトピア
TEC・AM課 担当:野津
https://www.hometopia.jp/contact/inquiry/
TEL:011-896-3331
札幌市厚別区厚別南一丁目18番1号
https://www.hometopia.jp/branch/tec/
◆会わなくても、担当者に会っているようにリフォーム相談できる
無料のWEB対面リフォーム相談をスタートしました。
https://www.hometopia.jp/information/web_1/
※初めての方でも「簡単に接続」できるようにサポート致します。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新リフォーム情報をお届けします♪