土屋ホームトピアの技術力

安心と快適のために。
独自技術による住宅性能。

土屋ホームトピアは外部環境の厳しい北海道から始まり、阪神淡路大震災の教訓を経てリノベーションに必要な技術を磨き続けてきました。
大切な家族を守る独自の耐震技術。どんなお住まいでも暖かくできる3つの断熱工法。そしてお住まいと身体の健康を守る24時間換気。
私たちの技術力は、より安心でより快適な暮しを実現いたします。

独自の耐震技術

阪神淡路大震災を教訓に、私たちは耐震技術の開発を続けてきました。オリジナル「シェイクブロック耐震金物」を開発。柱・土台・基礎をしっかり結合することで、住宅倒壊の原因であった「ほぞ抜け」を防止。公庫指定金物の約3.8倍の耐力性能(平成18年北海道立林産試験場・検査数値)、部分改修が可能な施工性、低価格の経済性が認められ、平成18年の東京都「安価で信頼できる耐震改修工法・装置」に、認定されました。
壁には筋交いと併せて構造用合板、ドアや窓などの開口部にはJ-耐震開口フレームを採用するなど万全を期し、リフォームで直下型地震にも耐える家を実現しています。

耐震開口フレーム
耐震開口フレーム
オリジナル耐震金物
オリジナル耐震金物
構造用面材
構造用面材

シェイクブロック耐震金物

1995年の阪神淡路大震災で木造住宅が倒壊した原因の多くは、土台・基礎から柱脚部が抜ける「ほぞ抜け」と、地震時の水平力に抵抗する「壁量」及び「筋かい」の不足でした。地震被害を教訓に補強方法の研究を重ね、開発したのがホームトピアオリジナル「シェイクブロック耐震金物」です。これは柱・土台・基礎をしっかり結合して、リフォームで地震に強い家を実現する方法。取扱いが簡単で確実、施工者によるレベルの差は生じません。引張実験ではトップレベルと言われている他社の数値を大幅にアップ。壁倍率2.5倍の構造用合板と合わせて、住まいの安全を守ります。

  • シェイクブロック耐震金物
  • シェイクブロック耐震金物

耐震開口フレーム

通常は家の南側や壁に窓を設けた面は、横揺れに対する耐力が弱くなります。窓を潰さず耐力を増加させるために開発されたのが「耐震開口フレーム」です。これにより窓やドアの機能を失わずに開口部を耐力壁化し、バランス良く壁を配置することができるようになりました。

  • 耐震開口フレーム
  • 耐震開口フレーム
  • 耐震開口フレーム 国土交通大臣賞

オリジナル基礎補強

接合シート(アラミド繊維シート)は、引張強度が鋼板の約5倍という高強度。従来は木造部の接合に用いられていましたがその強度に着目し、オリジナルの基礎補強を開発。これにより、施工性や費用の問題等で困難と思われていた基礎補強が、リフォームで実現します。

3つの断熱工法

断熱工法

北海道から始まった土屋グループは、日本でもいち早く採用した外断熱をはじめ、内断熱、付加断熱の3つの工法を自在に使い分けることで、どんなお住まいも暖かくするノウハウを持っています。お住まいの状況に合わせ、最適な高性能断熱を実現する。それが大切なお住まいをさらに暖かく省エネにリノベーションする秘訣です。

外断熱工法

平成14年、「外断熱=新築の工法」というそれまでの常識を打ち破り、リフォームの外断熱に着手。築28年の実験住宅を使用し、ホームトピア技術部・北海道立北方県建築研究所・J建築システム株式会社の3社による共同研究を実施しました。約1年半の客観的検証の結果、次世代省エネルギー仕様に成功。灯油消費量は従来住宅の約3割削減を実施いたしました。

外断熱工法

高性能グラスウール断熱工法

北海道で使用している高性能グラスウール施工を独自の施工マニュアルで全国どの拠点でも標準仕様にしました。冬は足元から暖かくなり、夏の暑さ対策にも大きな効果を発揮して冷暖房費とCO2の大幅な削減をします。多くの木造住宅で対応の工法です。

高性能グラスウール断熱工法

発泡ウレタン断熱工法

コンクリート造や木造住宅でも外壁をそのままにする場合に、室内側からウレタンを吹き付けて断熱する工法となります。お住まいの構造の違いに対応できるように自社独自のマニュアルと使用材の選定を行い、全国どこでも対応できる体制を確立しました。マンションの断熱施工や木造住宅の内部からの施工に適しています。
ウレタン吹き付け断熱工法 壁断熱施工の動画
https://youtu.be/bG03ICvmgwg
ウレタン吹き付け断熱工法 天井断熱施工の動画
https://youtu.be/Q5UIZ-kMnpk

発泡ウレタン断熱工法

24時間換気&DI窓

断熱・換気の両方にとって重要なのが窓です。DI窓は高い断熱性と換気能力を持つ高性能窓。二重構造により外気の熱を遮断し高い断熱性を実現します。さらに二重窓の中を空気が循環することで効率的に熱交換が行われ、外気温を和らげた空気を取り込むことができます。

24時間換気&DI窓

24時間換気扇

最新の住宅設備機器、キッチンやユニットバスの換気設備は、通常の換気機能の他に、24時間常時換気設備を付けることが可能になっております。常時換気設備は24時間つけっぱなしでも月々の電気代は500円未満※(お客様の電気の契約形態、地域のより異なります)でまずかな電気代で排気することが可能となっております。
キッチンやお風呂の換気以外にも壁付けなどの24時間換気扇も取付可能でお客様のお住まいの状況に合わせてご提案致します。

24時間換気扇

DI窓

窓を閉めたまま「窓」で換気する最新の二重窓になります。
二重窓内で熱交換することでお部屋の温度を変えず換気できる最新の窓で換気する方法となります。外窓のガラリから空気を取り込み、ガラス越しに室温を伝え、室温に近い温度で内窓側のガラリより新鮮な空気を取り入れます。24時間換気扇(キッチンやユニットバス)と合わせて設置することにより窓を閉めたままで換気できる方法となります。
東大と三協アルミと土屋ホームトピアの共同開発で北海道から福岡まで施工実績がございます。

DI窓

省エネ

DI窓は、単板のサッシと比べると約7倍の断熱効果となります。さらにDI窓と同時に、外部に接している壁の断熱施工をすることにより冷暖房費を最大50%削減することが可能です。※旧省エネ基準相当の既存住宅との比較値24時間換気扇のところでご説明した通り「換気」をする電気代も500円未満となりますので、省エネで地球環境にもやさしい換気方法となります。

省エネ

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)

Net Zero Energy House

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化・高効率化によって、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量をゼロとする住宅です。

エリア 事業実績 事業目標
2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2025年
北海道 0% 0% 0% 0% 0% 50%
北海道以外の
都府県
0% 0% 0% 0% 0% 50%

(Nearly ZEHを含む)

施工技術

複層断熱 外断熱フォームポリスチレン板B類70mm(3地域以南は50mm)、プラス内断熱グラスウール100mmと天井は吹込ブローイング400mm、床はシージングボード下地高性能グラスウール150mmを自社のディテール(施工マニュアル)で施工。さらに耐震改修では構造用合板と筋交いやオリジナルの開口フレーム、リフォーム用ホールダウン金物のシェイクブロックにより耐震性も向上させます。

施工技術

札幌リフォームモデルハウス

内断熱で施工されている既存住宅をリフォームで外断熱施工を行い複層断熱の新たな住宅に再生ました。
リフォームでの断熱施工だけではなく、壁につける太陽光発電システム、全室熱交換器システムなどの最新技術を導入の他、デザイン面でも新たな暮らしの提案が各部屋に工夫されています。
ビフォー&アフターや技術・デザインをリアルに実感できるライブ感覚のリフォームモデルハウスとなります。

札幌リフォームモデルハウス

補助金サポート

土屋ホームトピアでは、長期優良住宅リフォーム事業での200棟以上の実績の他、国の各補助金、自治体の補助金、助成金のサポートをさせていただいております。
補助金申請は、とても書類作成に手間がかかり、施工基準も高い技術力が必要となるため、リフォーム業者からの提案は少ないと言われている中で、弊社ではお客様のためにこちらから積極的に補助金のご提案をさせていただいております。
※地域、時期によりご利用できる補助金が異なる場合がございます。

補助金サポート

リフォーム事例

⼟屋ホームトピアを
もっと知る

  • 提案力

    私たちは、お客様の今までの生活とこれからの生活の両方に寄り添いながら、最適なプランをご提案します。

  • デザイン

    土屋ホームトピアはその卓越したデザイン力が認められ、リフォームコンテストにおいて過去多数、賞を頂きました。

  • 満足度向上

    初回相談からリノベーション後の生活までお客様が全てにご満足いただけるよう、満足度向上に努めてまいります。

リフォームのプロに
ご相談ください!