二世帯リフォームRenovation Menu

二世帯リフォーム

「親の近くで暮らしたい」「子育てを助けて欲しい」「孫と一緒に暮らしたい」
それぞれの想いをカタチに・・・二世帯リフォームという選択。

二世帯住宅

現在は住宅性能も向上し、住宅取得資金を安く抑えるために若い世代の方々が、親の家を二世帯リフォームして同居するという選択が増えて参りました。
両世帯の夢・想いをカタチにする。二世帯リフォームは、価値観や生活リズムの違う世帯が一定の空間を共有し、助け合い、ストレス無く楽しく共存できる住宅でなければなりません。そのためにも家族間、また建築会社との綿密な打合せがとても重要です。

4つのポイント!

ポイント1 プライバシーを確保する
プライバシーを確保する

家族の中でもプライバシーの許容範囲は人によって大きく異なります。
「分離型」「部分共有型」「同居型」のどれが自分たちに合っているか。
自分達の望む二世帯の関わり方を考えましょう。

ポイント2 希望を叶える
希望を叶える

二世帯住宅では、ご家族の意見調整や優先順位を付けることがとても重要。
まず全ての要望を書き出して整理してみましょう。また意見調整をする前の段階で建築会社に相談することをお勧めしております。

ポイント3 どれだけ増築出来るのか?
どれだけ増築出来るのか?

希望の間取りを実現するために増築される方も多く、最初に確認してみましょう。住まわれている地域によって増築出来る範囲が決まっております。

ポイント4 資金計画と予算
資金計画と予算

二世帯リフォームで「水廻りを増やす」「床面積を増やす」となると、リフォーム費用も大きくなります。また贈与税がかかるケースも多いため、計画を煮詰める前に、資金計画についてまず検討しましょう。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP