継承~娘に残したい家~Renovation Gallery

コンクール受賞歴

コンクール受賞歴

2014年
ジェルコリフォームデザインコンテスト東北支部 優秀賞

関連キーワード

Data

家族構成:
ご両親+ご夫婦+子供1人
築年数:
150年
構造:
木造平屋
工事面積:
220㎡
施工期間:
3ヶ月
工事費:
3000万円

Concept

三世代目へ引き継ぐ家

施主様のご感想

  • 梁を見せる吹上を作る事には抵抗がありましたが、設計時からの提案と断熱施工の説明を聞き、思い切って梁を見せる吹上を作り本当に素晴らしい空間が出来ました。サッシも変わり外の音も聞こえず、思った以上快適な住まいを娘に残す事が出来ました。両親の部屋から水廻りが近くなり、歩行器での移動もスムーズですし洗面化粧台もホールと洗面脱衣室に設けてもらいましたので朝は本当に助かっています。既存部分を生かしながら私達の希望を叶えていだだきありがとうございました。

リフォームのきっかけ

  • ・築150年の建物を生かしながら、寒くない生活をしたい。
  • ・ご両親の部屋からトイレが遠く、水廻りが使いにくい。
  • ・使いやすい動線を提案して欲しい。

プランナーからのコメント

高橋みゆき

盛岡支店 プランナー
高橋みゆき

プロフィールはこちら

  • 昭和2年に全焼される火災にあい、曽祖父が民家を探され、現在と同じ場所に移築された建物でした。移築、改築を行った柱・長押には沢山のホゾ穴がありそこに埋木をほどこし既存の柱・長押を蘇らせ、小屋裏に隠れていた築150年前の太鼓梁をあらわした吹上空間を提案。この空間はお客様を迎える客間として。他に将来お嬢様が結婚された時若い2人のリビングとしても使えます。奥様や家族の動線と合わせて家族の気配を感じていただける提案として、キッチンに立ちながら茶の間に居る家族の様子やキッチン背面の引き戸を開けるとホール越しに洗面所が見えることで、ご両親や将来お孫さんが入浴中等の様子が伺える様提案しました。

リフォームした部位Reformed parts

  • 客間
    部位:
    客間

    埋木により蘇った 柱・長押・梁たち。

  • 客間
    部位:
    客間
  • 客間
    部位:
    客間

    茶の間から客間をみる

  • 客間
    部位:
    客間

    開放時2枚残る襖は、収納背面を利用した戸袋に収納。

  • 茶の間
    部位:
    茶の間

    掘りコタツのあるリビングとの続き間は欄間部分を開放。

  • 和室
    部位:
    和室
  • ホール
    部位:
    ホール
  • キッチンダイニング
    部位:
    キッチンダイニング
  • 外観
    部位:
    外観
  • 洗面化粧室
    部位:
    洗面化粧室
  • 薪ストーブ
    部位:
    薪ストーブ

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP