人が輪になるキッチン ~パンこね台の効果~Renovation Gallery

コンクール受賞歴

コンクール受賞歴

2014年
ジェルコリフォームデザインコンテスト 北海道支部 優秀賞(キッチン)

関連キーワード

Data

家族構成:
母+ご夫婦+子供
築年数:
26年
構造:
木造2階建て
工事面積:
36㎡
施工期間:
2ヶ月
工事費:
250万円

施主様のご感想

  • キッチンが広く回れるようになったので、料理の作業効率がとても良くなった。パンこね台を中央に置いたことで、生徒さんとの動線がぶつからず、みんなで輪になり教えることができる。また、パンこね台の下の収納は使う用途によって場所を決めて置ける為、すぐに出して使える収納として重宝している。なにより、リフォームしたことで生徒さんの数が増えたこと、友達を大勢呼んで立食パーティーを開くことも多くなり、人が集まる賑やかなキッチンになったことが一番嬉しい。

リフォームのきっかけ

  • 2世帯で住まう家は築26年。父が亡くなり、家族構成の変化と合わせてキッチン設備も老朽化が進んできた。新築時に父と主人が決めた間取りには不満が多く、手狭で使い勝手の悪い閉鎖的なキッチンをなんとかしたい。
  • ・少人数制のパン教室をやっているため、ゆったりとしたキッチンにしたい。できれば対面キッチンにしたい。
  • ・食卓テーブルでパンをこねているため、2~3人が並んで使える丈夫なパンこね台が欲しい。
  • ・新調した食器棚の位置は変えたくない。
  • ・納まりきらない料理道具、食品、食器等大きなものも収納できる食品庫が欲しい。

プランナーからのコメント

伊藤瞳

札幌豊平支店 プランナー
伊藤瞳

プロフィールはこちら

  • 奥様ご希望の対面キッチンは、キッチン間口が取れない、空間が区切れることによる閉鎖感、180度動線による作業効率の低下、パン教室以外でのパンこね台の使い道・設置スペースの問題…等の懸念事項がありました。以上の問題点を解決する360度回遊型キッチンを提案しました。
  • ・パンこね台を中心に、キッチン・食器棚を並列配置することで、回遊できるゆったりとしたキッチン空間に。
  • ・パンこね台は大工造作で希望の大きさと強度を実現。教室以外では作業台や配膳台として有効利用できます。
  • ・キッチンを並列配置にすることで出来た1帖分の食品庫は冷凍庫も入る大容量の収納に。

リフォームした部位Reformed parts

  • キッチンダイニング
    部位:
    キッチンダイニング
  • リビングダイニング
    部位:
    リビングダイニング

    リビング・ダイニングと繋がる開放的な空間。大勢集まってのパーティーも開ける。

  • パンこね台
    部位:
    パンこね台
  • パンこね台
    部位:
    パンこね台

    3人並んでパン作りができるパンこね台。台下には型やボウル等の道具が収納できる。

  • パンこね台
    部位:
    パンこね台
  • パントリー
    部位:
    パントリー

    キッチンの突き当たりには1帖分の食品庫。パンコネ台の下には普段使いの食器を収納できる。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP