ONE MORE 〜北海道住宅の特性を活かした増築以外の選択〜Renovation Gallery

関連キーワード

Data

家族構成:
ご夫婦+子3人
築年数:
29年
構造:
木造2階建
工事面積:
159㎡
工事費:
2,350万円

施主様のご感想

  • すっきりと片付き、増築していないのに以前よりも広く感じる。
  • 温度差がなく家全体を有効に使えるのが嬉しい。
  • いつもゲームばかりしていた息子が、2階のスタディスペースで友人と集まり勉強をしている姿を見たときは感動した。

リフォームのきっかけ

  • 築29年の建物は老朽化が進み、雨漏れをきっかけにリフォームを決意。
  • (1)LDKを広く水廻りを快適にしたい。
  • (2)育ち盛りの3人の息子部屋と同居予定の母の部屋をつくりたい。
  • (3)十分な収納がほしい。
  • (4)家全体の寒さをなんとかしたい(特に中2階が寒い)。

プランナーからのコメント

伊藤瞳

札幌豊平支店 プランナー
伊藤瞳

プロフィールはこちら

  • 増築を希望されたが、約50坪ある床面積以内での各部屋の使い方と収納量、中2階の3.1mの天井高に着目した。
  • キッチン移動により開放的なLDKと家族構成の変化に対応できる間取りをご提案。
  • 北海道特有の車庫上部屋は完全2階にし寒さ対策として、車庫天井の断熱強化と併せて、中二階の部屋を完全二階に。
  • 天井高1.4m、7.5帖の納戸が実現。
  • 各部屋の必要広さを確保しつつ収納を増設し空間を有効利用。
  • キッチン移動による開放的なLDKや水廻りに隣接したお母様部屋、息子様部屋を可動間仕切りで仕切る等、家族構成の変化に対応できるようにした。

リフォームした部位Reformed parts

  • 部位:
    リビング・ダイニング

    和室とキッチンを入れ替えることで約22帖の開放的なLDKに。将来お母様部屋になる和室からは水廻りへのアクセスが良好。

  • 部位:
    リビング・ダイニング
  • 部位:
    リビング・ダイニング
  • 部位:
    キッチン
  • 部位:
    スタディスペース

    本棚を設置した二階のスタディスペースは息子様達の憩いの場。

  • 部位:
    寝室

    家族構成の変化に対応できる可動間仕切り。

  • 部位:
    寝室

    中2階の部屋は完全2階にすることで寒さと収納量を改善

  • 部位:
    納戸

    中二階にできた天井高1.4㎡・7.5帖の納戸。床は既存を活かし車庫側から断熱補強。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP