ホール+仏間=『集いの場』Renovation Gallery

関連キーワード

Data

築年数:
24年
構造:
工事面積:
166㎡
工事費:
500万円

施主様のご感想

  • 一度はこの二世帯住宅を手放すことも考えたが、かつての賑わいが感じられる家になった。
  • 自分も親となり再び二世帯で住むと、また次世代へとつなぐ事ができて今後も安心。
  • ペチカから暖房方式が変わったが、可変性の有る開放的な空間でも家族みんなで温かく過ごせ、とても快適。

リフォームのきっかけ

  • ●ご主人『昨年妻が亡くなり、一人ぼっちの二世帯住宅は広くて静か。今は皆で暮らした時間が懐かしい。』
  • ●娘『窓から見える距離に住んでいても、高齢の父が心配。母の一周忌前に同居したい。』
  • ●ご主人・娘『日当たりの悪いリビングを移動する事は勿論、仏間は必ず作りたい。威圧感のあるペチカは無くしたい。』

プランナーからのコメント

  • 家族の時間を大切にしている施主へ、LDKと私室となる和室の間に可変性のある仏間を提案。
  • 間取り変更により日当たりの良いLDKとなるよう、北海道の住宅によく見られる暖房器具のペチカは、灯油ストーブを設置すると床下で結露する事がある為撤去。
  • 仏間を1.2階をつなぐ場だけでなく、家族をつなぐ場とする事を提案。

リフォームした部位Reformed parts

  • 部位:
    ホール・仏間

    空間をより広く使える様、角に柱を立てずに施工。 建具は、新築時から思い入れのある雪見障子を採用。

  • 部位:
    ホール

    閉→ご主人の私室をつながるプライベートな空間へ。 開→リビング・ホール・和室・2階をつなぐ大きな空間へ。 大きなペチカはパネルヒーターとなり、各居室に計画。 遮るものがなくなり、シンプルな動線へ。

  • 部位:
    仏間

    大きなペチカはパネルヒーターとなり、各部屋に配置。

  • 部位:
    仏間

    空間に可変性を持たせる建具。 新築時から思い入れのある雪見障子を採用。

  • 部位:
    和室

    全ての扉を開けると、奥の私室へアクセス可能。 介護の面でもご安心頂いた。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP