雪国の庵〜小樽における吉野窓のつくり方〜Renovation Gallery

関連キーワード

Data

築年数:
32年
構造:
工事面積:
13㎡
工事費:
300万円

施主様のご感想

  • まさか出窓を作るとは思わなかったが、丸窓を入れた事で柔らかな雰囲気が出て大満足。
  • 気候の良い時期は外窓を開けることで出窓の効果か、川の音が予想以上に室内に響きとても心地よい。
  • 古家がリフォームでここまで生まれ変わる事に驚くと共に、結露やスガ漏れも無く、安心して愉しめる集いの場となりました。

リフォームのきっかけ

  • 奥様『茶道が趣味で、自宅に仲間を招き、お茶会を開く事が夢』『10年くらい空家なので何かあったら怖い』
  • 『自宅隣の空家に、リフォームで茶室が作れるなら購入したい。敷地裏の川と林を望む、恵まれた条件を活かした「吉野窓」を提案され、私も憧れていたのでぜひ作りたいと思った。』

プランナーからのコメント

  • 吉野窓を外壁面に作り外障子をつける事は、高気密・高断熱住宅を絶対とする北海道では納まりが悪い。 
  • そこで出窓を設け、断熱欠損しない「外障子のある丸窓」を実現。
  • また準防火地域の為、窓の仕様や大きさの制限にも的確に対応。
  • 開閉可能な窓を採用する事で意匠性と機能性の両方を備えた。

リフォームした部位Reformed parts

  • 部位:
    茶室

    茶道が趣味の施主。敷地裏の川と林を望む、恵まれた条件を活かす為、この庵に「吉野窓」を提案し、奥様から共感頂いた。

  • 部位:
    茶室
  • 部位:
    茶室
  • 部位:
    茶室
  • 部位:
    吉野窓

    障子を開けると、林と川のせせらぎを愉しむことができる。

  • 部位:
    茶室

    出窓を断熱区画の中に取り込み、断熱欠損が出ないよう施工。(丸窓はΦ90㎝とした) 暖房計画も意匠の一部に取り込み、室と馴染ませた。

  • 部位:
    吉野窓
  • 部位:
    吉野窓
  • 部位:

    網なしの防火窓を使用し、出窓の内部に障子を配す。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP