「希望」の姿を取り戻した第二の故郷の家Renovation Gallery

関連キーワード

Data

家族構成:
4人
築年数:
3年
構造:
在来木
工事面積:
95㎡
工事費:
2,200万円

施主様のご感想

  • 狭く使いにくかった玄関側を拡張することで外観上のバランスも矯正されて気に入っています。
  • まるで新築時からあるべき「希望」通りの姿に戻ったかのようだ。
  • 部屋の中での温度差もなく、寒さだけでなく、南、西側の断熱性アップで夏の暑さも大幅に緩和した。
  • まさに「希望」の新天地に似合う家に出来た。

リフォームのきっかけ

  • 故郷が原発事故で戻れないため移住を決断。
  • 土地が気に入り、建売住宅を図面の段階で購入した。
  • 最近、母がよく泊まりに来るようになり、部屋数が不足した為、増築と同時に不満点の解消をしたい。
  • ■LDKも玄関も狭く歪な形で使いにくい。
  • ■外観シルエットが変。
  • ■何となく寒く、温かさを体感できない。

プランナーからのコメント

髙宮和也

創造推進部 プランナー
髙宮和也

プロフィールはこちら

  • LDKを拡張した際に出来た部屋中央の梁補強に伴う低天井は間接照明等によって圧迫感を低減。床、壁は既存の断熱材や下地板を使うなど、極力、産廃排出量を削減しつつ、増築部分のみ局所不快感が起きないレベルで断熱性能を向上。快適性とコストにも配慮しつつ、省エネ性能をアップさせた。

リフォームした部位Reformed parts

  • 部位:
    リビング
  • 部位:
    リビング
  • 部位:
    リビング
  • 部位:
    リビング
  • 部位:
    ダイニング
  • 部位:
    リビング・ダイニング
  • 部位:
    玄関
  • 部位:
    寝室
  • 部位:
    外観

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP