イベント情報Event Information

銀座ショールーム

[銀座]旅カルチャー講座 第22回  英国住宅を巡る旅~間取りから住まいの魅力を探る~<予約制>

参加無料

無料相談会

[銀座]旅カルチャー講座 第22回  英国住宅を巡る旅~間取りから住まいの魅力を探る~

11月の旅カルチャー講座のテーマは、「英国住宅の間取り」です。
会場の土屋グループ銀座ショールームは住宅のショールームなのですが、
旅カルチャー講座で「住宅」を取り上げるのは初めてのことです。


講師は、10月に『日本でもできる!英国の間取り』を上梓された
建築士&住宅設計プランナーの山田佳世子さんです。


英国の住宅はなぜ魅力的なのか、家を形成する3要素
「地域」「時代」「住まい人」からその魅力に迫りつつ、
英国各地で様々な暮らしを見てきた山田さん
ならではの目線で紐といていただきます。


「英国の家」といっても、旅行者は一般住宅の中を見ることはできません。
しかし、山田さんは、その美しい外観を眺めるだけでは物足りなくなり、
一般住宅の中に入りたくなり、そこでどのような人が
どのように暮らしているのか知りたくなります。
私が感心したのは、彼女が「一般住宅を見るための行動」を起こしたことでした。


英国の一般住宅の魅力を探るための旅を計画し、
2013年に1軒のホームステイ先を皮切りに、
「家の中を見せて欲しい」と頼んで、約10日間の旅をします。
さらに、紹介してもらった人からまた紹介してもらうという方法で、
イギリスを渡り歩く4カ月間の旅をします。


興味があっても実際に行動を起こすことは多くの人ができることではなく、
まして、英国人のプライベート空間である「一般人の住まい」を
見せてもらえたことは、山田さんの情熱と好奇心ゆえだと思います。


家とは住む人が居て初めて「住まい」となります。
現在存在する英国の住宅は、かつて住んでいた人がいて、
住み継がれてきた集大成の家なのです。
そんな家に今住む人の家との付き合い方や、
「間取りに残る歴史の片鱗」を図で解説していただき、
写真と共に実際に訪問した家を何軒か紹介をしていただきます。


古い家の多く残る英国にはさまざまな時代に建てられた家が残ります。
その時代ごとの特徴も知っていると便利ですので、
そのあたりも解説していただく予定です。


英国(イギリス)に興味のある人はもちろん、
住宅の間取りや建築に興味のある方におすすめの講座です。
旅カルチャー講座 主宰 木谷朋子

  • 講師
    山田佳世子さん(建築士・住宅設計プランナー)
    木谷朋子氏(旅行ライター&エディター) 
  • 日時
    11月22日(日)13時30分~15時30分(13時10分受付開始)
  • 会場
    土屋グループ銀座ショールーム会場10名 WEB上 パソコン、スマホ、タブレットで参加は40名
  • 住所
    土屋グループ銀座ショールーム :銀座3丁目8-10銀座朝日ビル3F 又は自宅でWEB参加
  • 参加費
    4800円(オンライン参加費:2500円)
  • お問合せ

    土屋グループ 銀座ショールーム

    0120-406-211(フリーダイヤル)

    03-5579-9981

  • 募集人員
    銀座会場は定員は10名限定
    zoomで生ライブ配信(40名まで可)


     
  • その他
    ★リアル参加費:4800円《英国紅茶3種+英国菓子》
    ★オンライン参加費:2500円
    ★申し込みはこちらから(決済はクレジットカード)
    https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/019jfb119cctx.html

イベントによっては混み合う時間帯がございますのでご予約をおすすめいたします。
また、イベントについてのご質問もお気軽にお問合せください。

その他のイベントを見る イベントの予約はこちら

アクセス方法

受付時間9:00~18:00(水曜日定休)

イベント・セミナー予約

お電話での
ご予約お問合せ
フリーダイヤル0120-093-033受付時間9:00~18:00
銀座ショールーム

旅カルチャー講座 第22回  英国住宅を巡る旅~間取りから住まいの魅力を探る~<予約制>

11月22日(日)13時30分~15時30分(13時10分受付開始)

お名前 必須 例 : 山田 太郎

メールアドレス 必須 例:sample@hometopia.jp
電話番号 必須 例:011-1234-5678

郵便番号 必須 例 : 012-1234

備考 任意 例:「家族4人で参加します」「イベント中に相談する時間はありますか?」「13時頃に行きます」

TOP