既存の形(カタチ)を活かした子育て世代の家Renovation Gallery

コンクール受賞歴

コンクール受賞歴

平成29年度
ジェルコリフォームコンクール東北支部 優秀賞

関連キーワード

Data

家族構成:
ご夫婦+お子様3人
築年数:
41年
構造:
木造2階建
工事面積:
83.17㎡
施工期間:
42日間
工事費:
750万円

Concept

工事内容とコストバランス、間取りと使い勝手

施主様のご感想

  • 使い勝手がよくなり、子供達がのびのび走り回っている。
  • 以前は暗く寒い和室だったがインテリアが一変して明るく暖かい部屋になり、収納も充実した。

リフォームのきっかけ

  • 主人(50代)のご両親の建てた家の老朽化が進み白蟻被害があった。
  • ご両親が他界し子供が3人(5歳、10歳、12歳)と増え生活環境が大きく変わったこと。
  • 12帖の和室と4帖の広縁が寒くて暗く使い勝手が悪かった。

プランナーからのコメント

米島一朗

仙台支店 プランナー
米島一朗

プロフィールはこちら

  • 親から受け継いだ大きな家を子育て世代がリフォームするのは新築以上にコストがかかる。
  • デザインとコストのバランスに配慮し、バリアフリー、耐久性、間取りを充実させ、既存住宅の持つ形(カタチ)のデザインを提案した。

リフォームした部位Reformed parts

  • リビング
    部位:
    リビング

    床柱はそのまま残し、床の間と水屋は収納にして活用。

  • リビング
    部位:
    リビング

    板張りの天井と長押を残して白く塗装。キッチンに立つ奥様がリビング、子供スペースと見渡せるようにしました。

  • リビング
    部位:
    リビング

    勉強とピアノの練習をするための子供スペース

  • リビング
    部位:
    リビング

    母親の居場所がわかり、子供も安心できます。

  • リビング
    部位:
    リビング

    長押はそのまま残し、欄間を取り外して既存の形を活かした。

  • リビング
    部位:
    リビング

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP