2間半の開口の行方〜耐力壁を空間に馴染ませる〜Renovation Gallery

関連キーワード

Data

家族構成:
ご夫婦+犬1匹
築年数:
31年
構造:
木造3階建
工事面積:
43㎡
工事費:
290万円

施主様のご感想

  • 窓を小さくして壁面が増えたが、明るい空間になりました。また、和室の改築やキッチンの位置を東に45cmずらしLDを広げた回遊式のプランを提案していただいたことで、吊戸のない対面キッチンへのリフォームに大きな意味があったのだと感じました。

リフォームのきっかけ

  • 南西に向かった大きな開口(窓)が特徴のお住まい。外壁の張替を検討する中で、耐震面への不安と8帖のリビングに対する日差しの量が気になり始めた。寒冷地における古い大窓は冬場の寒さの原因となるので、住宅の性能向上と同時に、お友達や来客の方を直接通すことが出来ないリビングを見直したい。

プランナーからのコメント

  • 耐震面の向上と同時に、限られたスペースの中で空間を広げることに重点を置いた。現在の横胴縁を縦にする通気層の変更により、開口計画が自由になるので、窓を耐震性UPと光と風を取り込むのに効果的な位置に配置した。

リフォームした部位Reformed parts

  • 部位:
    ダイニング

    タイルやニッチが壁に表情を持たせる。

  • 部位:
    リビング・ダイニング

    耐力壁を追加したリビング。

  • 部位:
    リビング
  • 部位:
    ダイニング

    回遊式の動線。

  • 部位:
    廊下

    柱と動線を考慮した建具。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP