両親の想い出は「安眠を誘う光」Renovation Gallery

関連キーワード

Data

家族構成:
6人
築年数:
34年
構造:
工事面積:
7㎡
工事費:
170万円

施主様のご感想

  • 夜中トイレの後、すぐ眠りにつけるようになりました。
  • 息子夫婦や孫が使用することを考えて全灯にしたり、間接照明だったり…照明の場所が違うだけでこんなにも違うんですね。
  • 両親が拘って建てた家なので、旧茶室で使われていた材料が別の姿でインテリアになって嬉しい。
  • 両親も喜んでいると思います。

リフォームのきっかけ

  • 築30年、両親がこだわって建てた2世帯住宅。
  • 両親が他界したので、生活を1階へ移し、新たに息子夫婦が2階で住めるように改修希望。
  • 奥様は以前から、夜中トイレに行くと明かりで体が目覚めてしまい、寝つきが悪くなるので、明かりを抑えてほしい。
  • 家族が増えるので洗面台は大きくしたい。

プランナーからのコメント

松井美雪

札幌豊平支店 プランナー
松井美雪

プロフィールはこちら

  • 普段トイレは天井照明を点灯、夜間は体が目覚めないようカウンター下の間接照明を点け、明るさ改善。
  • 既存の茶室で使用してた趣ある部材を活用したく「トイレ手洗いカウンター下のルーバー」「玄関ホールに一輪挿や季節の小物を置くカウンター」に使い、両親の想いを織り交ぜた意匠を提案。

リフォームした部位Reformed parts

  • 部位:
    トイレ
  • 部位:
    トイレ

    旧茶室で使われていた「桜」を間接照明越しに浮かび上がる影として活かした。

  • 部位:
    洗面所

    並んで身支度が出来るように洗面台は広め。引出し高さは息子夫婦が収納する物に合わせ造作。

  • 部位:
    玄関ホール

    「竹」と「杉」は玄関ホールのカウンターに使用し、一輪挿しや季節の小物を置く場所に。

ご相談窓口

気になることはお気軽に
リフォームのプロにご相談ください!

TOP